新作「菊とギロチン」も始動 瀬々敬久監督「ヘヴンズ ストーリー」アンコール&特集上映決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月20日 > 新作「菊とギロチン」も始動 瀬々敬久監督「ヘヴンズ ストーリー」アンコール&特集上映決定
メニュー

新作「菊とギロチン」も始動 瀬々敬久監督「ヘヴンズ ストーリー」アンコール&特集上映決定

2015年11月20日 05:00

瀬々敬久監督の特集上映が開催「ヘヴンズストーリー」

瀬々敬久監督の特集上映が開催
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 瀬々敬久監督がベルリン国際映画祭で2冠を達成した「ヘヴンズ ストーリー」の5周年を記念し、毎年恒例となっている35ミリフィルムでのアンコール上映が12月12日から行われることが決まった。さらに、瀬々監督の新作「菊とギロチン」の始動も記念し、幻の作品を含めた瀬々監督特集上映が開催される。

ヘヴンズ ストーリー」は、東宝配給の前後編メジャー大作「64 ロクヨン」の公開も来年に控える瀬々監督が2010年に発表したインディーズ作品。全9章、4時間38分に及ぶ社会派ヒューマンドラマの巨編で、ベルリン映画祭で国際批評家連盟賞とNETPAC賞をダブル受賞。映画館での上映にこだわり、いまだソフト化はされておらず、毎年のようにアンコール上映が行われているという伝説的な作品だ。

今回のアンコール上映では、「ヘヴンズ ストーリー」公開5周年記念とともに、瀬々監督の新作「菊とギロチン」が始動することも記念し、東京・新宿K's cinemaで連日のトークショーも開催。同時に、瀬々監督の貴重な作品をラインナップした特集上映も行われる。

新作「菊とギロチン」は、大正末期の日本を舞台に、ロマンスや活劇、社会風刺も盛り込んだ骨太エンタテインメント。関東大震災後の混沌のなか、様々な大衆文化が花開くと同時に軍事国家への道をひた走っていた日本で、当時農村を中心に活況を呈していた「女相撲」の力士たちと、格差のない理想世界を夢見る若きアナーキストたちの出会いを軸に、庶民たちの荒々しくも猥雑なパワーを描き出す。共同脚本には、ナント三大陸映画祭を始め国内外の映画祭、映画賞で評価された「サウダーヂ」を手がけた映像制作集団「空族」の相澤虎之助が名を連ねている。

特集は「アナーキーじゃぱん史あるいはアナーキーな純情? 瀬々敬久監督1982-2001」と題し、アナーキーな視点で「ピンク四天王」と国際的にも注目されたピンク映画監督時代の傑作10本に加え、瀬々監督が京都大学時代に手がけた8mm作品「少年版私募情 国東 京都 日田」(82)も上映。同作は、8mm映写機を複数使うユニークな上映形式で、瀬々監督ならではの詩情がみずみずしい幻の傑作ロードムービーとも言われている。

また、東京だけでなく、「ヘヴンズ ストーリー」全国上映ツアーも11月29日、瀬々監督の原点と言える京大西部講堂皮切りにスタートする。

ヘヴンズ ストーリー」アンコール上映や全国上映ツアー、特集上映のスケジュールや上映タイトルは、同作の公式ブログ(http://ameblo.jp/heavens-story)に掲載される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi