CGなしで犬250匹が名演技「ホワイト・ゴッド」メイキング映像公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月18日 > CGなしで犬250匹が名演技「ホワイト・ゴッド」メイキング映像公開
メニュー

CGなしで犬250匹が名演技「ホワイト・ゴッド」メイキング映像公開

2015年11月18日 17:00

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」場面写真「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」

「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」場面写真
2014(C)Proton Cinema, Pola Pandora, Chimney
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 2014年の第64回カンヌ映画祭「ある視点」部門でグランプリを受賞した「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」のメイキング映像が公開された。

映画は、虐げられた雑種犬たちの反乱を描くことで、社会的マイノリティへの差別を訴えた問題作。撮影はCGを用いず、実際に保護されていた犬約250匹を訓練して行われた。カンヌ映画祭では、優れた演技をした犬に授与されるパルムドッグ賞を受賞している。

公開された映像には、ロケ地となったハンガリーの首都ブダペストの道路を、全面封鎖して行われた撮影の様子が納められている。犬を危険にさらすことがないよう、100人のドッグトレーナーが投入されたといい、犬たちが指示に従って演技する様子が確認できる。また、撮影を見物していた親子を急きょエキストラに起用するなど、リアリティある演出も垣間見える。

ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソディ)」は、雑種犬に重税を課すという法律が施行されたある街で、13歳の少女リリと愛犬ハーゲンが引き離されてしまうことから始まる。リリは必死でハーゲンを探し回り、ハーゲンは安住の地を求めてさまよう。そんななか、ハーゲンは施設の犬たちを従えて人間に対して反乱を起す。11月21日から新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi