「パディントン」の吹き替えキャストに木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月17日 > 「パディントン」の吹き替えキャストに木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ!
メニュー

「パディントン」の吹き替えキャストに木村佳乃、古田新太、斉藤由貴、三戸なつめ!

2015年11月17日 12:00

「パディントン」の吹き替え キャストに決定した木村佳乃、古田新太ら「パディントン」

「パディントン」の吹き替え
キャストに決定した木村佳乃、古田新太ら
(C)2014 STUDIOCANAL S.A. TF1 FILMS
PRODUCTION S.A.S Paddington Bear TM,
Paddington TM AND PB TM are trademarks of
Paddington and Company Limited
[拡大画像]

[映画.com ニュース] イギリス文学「くまのパディントン」シリーズを実写映画化した「パディントン」の日本語吹き替えキャストに、木村佳乃古田新太斉藤由貴三戸なつめが決定した。

原作は1958年に第1作が発表されて以来、世界40の国と地域で翻訳され、シリーズ累計3500万部を売り上げる人気児童小説。南米ペルーのジャングルから英ロンドンのパディントン駅にやってきた、紳士の格好をした小さなクマの冒険を描く。迷子になっていたクマを助けたブラウン一家は、クマをパディントンと名づけ、ともに暮らし始める。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々 魔の海」「ジュラシック・ワールド」での吹き替え経験を持つ木村は、ニコール・キッドマン扮するパディントンをつけ狙う謎の美女ミリセント役を担当。原作の大ファンだったそうで、「これは絶対にやらせていただきたい! と思いました」と今回のオファーを快諾したことを明かす。さらに「彼女(キッドマン)が表現したお芝居を日本語でいかにわかりやすく声だけで表現していくかに気を配って演じました」とアフレコを振り返った。

一方、古田、斉藤、三戸の3人はパディントンと暮らすことになるブラウン一家に声を吹き込む。問題を起こすパディントンをはじめは煙たがっていたお父さん(ヒュー・ボネビル)役の古田は、「洋画の吹き替えはあまり経験がないが楽しくやれました」と語るも、「ブレスとか呼吸の位置が独特な俳優さんだったのでちょっと難しかった」と苦労をにじませた。

そして挿絵画家の優しいお母さん役の斉藤は、「家のなかのインテリアのしつらえにはセンスの良さがにじみ出るもので、そういう女性の吹き替えができたのはとても嬉しかったです」と喜びを口にした。吹き替え声優初挑戦にして、しっかり者の娘ジュディ役を担った三戸は「セリフを言うタイミングだったり、イントネーションが難しかったです。ジュディは中学生なので、いつもより高い声でセリフを言ったり子どもらしさを大事にしました」と述懐した。

パディントン」は、2016年1月15日から全国公開。なお主人公のパディントンの声は、俳優の松坂桃李が担当する。

パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海[Blu-ray/ブルーレイ] パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々:魔の海[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 「ハリー・ポッター」の監督が描く奇想天外アクション・アドベンチャー第2弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi