47日間の漂流&日本兵からの虐待…アンジー監督作「不屈の男」予告編公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月17日 > 47日間の漂流&日本兵からの虐待…アンジー監督作「不屈の男」予告編公開
メニュー

47日間の漂流&日本兵からの虐待…アンジー監督作「不屈の男」予告編公開

2015年11月17日 08:00

「不屈の男 アンブロークン」場面写真「不屈の男 アンブロークン」

「不屈の男 アンブロークン」場面写真
(C)2014 UNIVERSAL STUDIOS
[拡大画像]

[映画.com ニュース]女優アンジェリーナ・ジョリーの監督第2作「不屈の男 アンブロークン」の予告編が公開された。

映画は、ローラ・ヒレンブランド氏のノンフィクション「Unbroken:A World War II Story of Survival, Resilience, and Redemption」を原作に、元オリンピック選手の米空軍パイロット・ザンペリーニ(ジャック・オコンネル)が、第2次世界大戦時に日本軍の捕虜として過ごした過酷な日々を描く。ザンペリーニはベルリンオリンピックで陸上競技5000メートルに米代表として参加した元アスリート。操縦していた爆撃機が海に墜落し漂流した後、日本軍の捕虜となる。収容所で虐待を受けるが、不屈の精神で耐え抜いていく。

予告編では、オリンピック選手として栄光をつかんだザンペリーニが、47日間も海を漂流した末に捕虜となり、ミュージシャンのMIYAVI扮する日本兵ワタナベから侮辱される様子が映し出される。ワタナベが他の捕虜にザンペリーニを殴るよう命じるなど、虐待を繰り返すものの、ザンペリーニが屈することはない。映像の最後に、モデルとなったルイ・ザンペリーニの「私は生涯、レースを棄権したことはない。」というメッセージが映し出され、過酷な運命を生き抜いたザンペリーニの強さをうかがわせる。

不屈の男 アンブロークン」は、ジョエル&イーサン・コーエン兄弟らの脚本、名撮影監督ロジャー・ディーキンスによる映像で映画化され、第87回アカデミー賞で撮影賞、録音賞、音響編集賞にノミネートされた。オコンネル、“サムライギタリスト”として知られるミュージシャンのMIYAVIほかドーナル・グリーソンギャレット・ヘドランドフィン・ウィットロックが参加している。16年2月に東京・渋谷のシアター・イメージフォーラムほか全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi