中国の映画市場、2017年にはアメリカ抜き世界第1位に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月11日 > 中国の映画市場、2017年にはアメリカ抜き世界第1位に
メニュー

中国の映画市場、2017年にはアメリカ抜き世界第1位に

2015年11月11日 12:15

中国のシネコン

中国のシネコン
[拡大画像]

[映画.com ニュース]中国の映画市場が、2017年には北米を超えて世界第1位の規模に成長しそうだとロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

米映画協会(MPAA)でアジア太平洋地域を担当するマイク・エリス氏によれば、中国の映画マーケットは予想を上回るペースで成長しており、今年の総興行収入は前年対比35%増の65億ドルに達する見込み。昨年のアメリカとカナダを合わせた北米の総興行収入は104億ドルだったことから、中国が猛追しているのは明らかだ。

さらに、シネコンの建設ラッシュが進んでおり、現在では1日ごとに15スクリーンが増えているペース。来年はさらに加速し、1日に20スクリーンずつ増加していくという。こうした状況からハリウッドは中国市場にますます注目しており、9月にはワーナー・ブラザースが中国の投資ファンド「チャイナ・メディア・キャピタル(CMC)」と合弁会社「フラッグシップ・エンタテインメント・グループ」を立ち上げ、中国語映画の企画開発・製作・配給を行うことを発表している。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi