“ロッキー”も祝福!フィラデルフィアが11月25日=「クリードの日」に認定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月11日 > “ロッキー”も祝福!フィラデルフィアが11月25日=「クリードの日」に認定
メニュー

“ロッキー”も祝福!フィラデルフィアが11月25日=「クリードの日」に認定

2015年11月11日 20:50

ロッキーが聖地に再び降り立つ!「ロッキー」

ロッキーが聖地に再び降り立つ!
(C)2015 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC.
AND WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] シルベスター・スタローンの代表作「ロッキー」シリーズの舞台として知られるアメリカ・ペンシルベニア州フィラデルフィアの市長マイケル・ナッターが11月6日(現地時間)、シリーズの新章「クリード チャンプを継ぐ男」の全米公開日である11月25日を「クリードの日」として正式に認定した。

この日は、ロッキーを演じたスタローンをはじめ、新たな主人公を演じるマイケル・B・ジョーダンテッサ・トンプソンといったキャストのほか、ライアン・クーグラー監督が“聖地”フィラデルフィア美術館前に結集。かつて若きロッキーが階段を駆け登るという名シーンが撮影され、ロッキーの銅像も設置されている同所で記念すべき日を祝福した。

スタローンは、会場に集まったファンに向け「本日集まってくれた皆さん、そして子どもたち。もし人生の階段を登れないと思っても、絶対に諦めるな。このフィラデルフィア美術館が象徴しているように、私にもできたのだから、あなたたちにもできるはずだ」と“ロッキー節”で熱く語る。続けて、クーグラー監督も「家族と夢を叶えること、これらは密接に関係している。そして必ず最後は、あなたを愛し尊敬している家族や仲間たちがゴールの手助けをしてくれるんだ」と気持ちを込めた。なお、ナッター市長は、キャストたちに、フィラデルフィアにある“自由の鐘”のミニチュアを贈呈。スタローンたちはお返しに、実際に撮影で使用した壁画を寄贈した。その壁画は、フィラデルフィアのボクシングジムに飾られる予定だ。

クリード チャンプを継ぐ男」は、ロッキーのライバルで元ヘビー級王者アポロ・クリード(カール・ウェザース)が残した息子アドニス(ジョーダン)が、ロッキーの教えを受け、プロボクサーとして成長していく姿を描く。12月23日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi