「Kis-My-Ft2」玉森裕太、西内まりやの“Sっ気”にタジタジ「小悪魔的な魅力ある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月11日 > 「Kis-My-Ft2」玉森裕太、西内まりやの“Sっ気”にタジタジ「小悪魔的な魅力ある」
メニュー

「Kis-My-Ft2」玉森裕太、西内まりやの“Sっ気”にタジタジ「小悪魔的な魅力ある」

2015年11月11日 19:10

イベントを盛り上げた西内まりや「レインツリーの国」

イベントを盛り上げた西内まりや
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気作家・有川浩氏のロングセラー小説を映画化する「レインツリーの国」の公開直前イベントが11月11日、都内で行われ、主演を務めた「Kis-My-Ft2」の玉森裕太、ヒロイン役の西内まりやが出席した。

極度の人見知りだという2人だが、今作のイベントを通じて徐々に打ち解け合った様子。玉森は「もう大丈夫だよね? 最初は目を合わせるのもドキドキしていたんですけどね」と自信満々に話したものの、一方の西内は「ちょっと前にお会いした時よりも玉森さんの髪が短くなっていたので、今日初めに『髪切られました?』と聞いたら、『はい、すみません』と謝られました」と微妙な距離感を明かし、客席の笑いをさらった。

さらに玉森は、これまでのプロモーション活動を振り返り「西内さんが、すごいムチャぶりしてくる。Sっ気がありますね。小悪魔的な魅力があります」とポツリ。これを受けた西内は、「皆さんが喜んでくれると思ってやっているんですよ」と頬を膨らませ、「今日は(玉森が演じた)伸さんが見当たらないんですよね。いないかな。ほら、観客のみんなが呼んでいますよ」とムチャぶりをたたみかける。タジタジの玉森だったが、たまらず「ここにいるで!」と叫ぶと、約200人のファンから黄色い歓声が上がっていた。

また今作に対する周囲の反響を聞かれると、玉森は「メンバーはみんな見てくれたみたいです。たまたま二階堂(高嗣)が見ている時に、僕も同じ部屋にいました」と語る。「見ながら『これはあり得ないだろ、めっちゃうらやましい!』とか1回1回リアクションをくれて、二階堂は良い視聴者でした」といい、続けて「宮田(俊哉)からも『2回見て、ガチ泣き』ってメールが来ました。そういってくれるのはすごく嬉しい。いいやつじゃんと思った」と嬉々として話していた。

レインツリーの国」は、有川氏の「図書館内乱」に登場する架空の小説を、有川氏自身が書籍化したラブストーリー。11月21日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi