スパイ本著者が明かす「コードネーム U.N.C.L.E.」の内容はどこまで本当なのか? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月11日 > スパイ本著者が明かす「コードネーム U.N.C.L.E.」の内容はどこまで本当なのか?
メニュー

スパイ本著者が明かす「コードネーム U.N.C.L.E.」の内容はどこまで本当なのか?

2015年11月11日 15:25

諜報機関の裏事情を語る落合浩太郎氏「コードネーム U.N.C.L.E.」

諜報機関の裏事情を語る落合浩太郎氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督によるスパイアクション「コードネーム U.N.C.L.E.」のトークイベント付き試写会が11月10日、都内で開催。上映前には安全保障研究を専門とする政治学者で、「CIA 失敗の研究」の著者でもある落合浩太郎氏が、本作に登場する諜報機関CIA、KGBについて解説した。

1960年代の冷戦のさなか、核兵器による世界の破滅を目論むテロ組織が勃興したため、敵対するアメリカのCIA、ソ連(現ロシア)のKGBという2大スパイ機関の腕利き諜報員が禁断のコンビを結成し、テロ組織壊滅のために戦う。ヘンリー・カビルアーミー・ハマーがそれぞれにCIAとKGBのスパイを演じている。

落合氏は本作に関して「CIAとKGBが協力したという事実はない」と大枠の設定はあくまでフィクションだとしながらも、細部に関して「リアルな世界を描いている」と高く評価。「映画として難しすぎず、エンタテインメントでありながらシリアスな部分も描かれていて、見て絶対に損はない!」と太鼓判を押した。

人物描写についても、ハマーが演じたKGBのイリヤ・クリヤキンについて、元KGBであるロシアのプーチン大統領を例に「能面のようで目が笑っていない顔がリアル!」と絶賛。また、CIAとKGBの違いについても言及し「冷戦はアメリカが勝ったし、ハイテクの面ではCIAは上だったけれど、人を使ってのスパイ戦に関してはKGBの方が上」と解説した。

日本の諜報事情は、「日本は公式にスパイを使っていないことになっている珍しい国」と語るが、一方で「ビジネスの世界では日本は大きなターゲットだし、何十カ国ものスパイが日本にいる」とも。落合氏自身も、ロシア大使館の関係者から「海上自衛隊について聞きたい」とコンタクトがあった過去を明かし、「今思うと冷や汗が出る」と漏らした。

現在の最新スパイ技術は「石ころの中に特殊な機械を入れ、情報を送ったり、受け取ったりするし、虫のような機械で盗聴したり、建物に侵入もできると言われていて、スパイ映画よりも先を行っているかも」と紹介。CIAのスパイに関して「さすがに奥さんには正体を言っていいらしいけど、原則秘密。亡くなってから息子がスパイだったと知る母親もいる」「公務員なので、民間と比べると給料は安い」など、現代のスパイ事情を明かし、観客をうならせていた。

コードネーム U.N.C.L.E.」はアリシア・ビカンダーエリザベス・デビッキヒュー・グラントが脇を固める。11月14日から全国公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi