シソンヌ、劇場版「仮面ライダー」でケンコバとともに“最強の敵”の声を担当 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月8日 > シソンヌ、劇場版「仮面ライダー」でケンコバとともに“最強の敵”の声を担当
メニュー

シソンヌ、劇場版「仮面ライダー」でケンコバとともに“最強の敵”の声を担当

2015年11月8日 12:00

声優初挑戦の「シソンヌ」「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」

声優初挑戦の「シソンヌ」
(C)「ゴースト&ドライブ」製作委員会
(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「シソンヌ」のじろうと長谷川忍が、この10月から放送を開始した平成ライダーシリーズ最新作「仮面ライダーゴースト」と、前作「仮面ライダードライブ」がクロスオーバーする劇場版「仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」のゲスト声優に決定した。

「芸人が最もライブを見に来る芸人」と言われるシソンヌは、声優は初挑戦ながらも演技力を生かしたコントに定評があり、昨年行われた「キングオブコント2014」では王者に輝いた実力派。また、じろうはNHK連続テレビ小説「まれ」に出演した経験を持つなど、演技力は折り紙付きだ。

2人が声を吹き込むのは、ケンドーコバヤシが声を務める仮面ライダーの最強の敵・ダヴィンチ眼魔(がんま)とタッグを組み、ライダーを追いつめるラファエロ眼魔とミケランジェロ眼魔。両キャラクターは、レオナルド・ダ・ビンチの能力を持つダヴィンチ眼魔同様、ルネサンス三大芸術家の能力を持つ。じろうが担当するラファエロ眼魔がラファエロ・サンティ、長谷川が担当するミケランジェロ眼魔がミケランジェロ・ブオナローティの力を用いてライダーと戦う。

初のアフレコで戸惑ったという2人は、監督と話し合いながら役をつかんでいったそうで「出演している人以上に汗をかいて声をいれました」(じろう)、「仮面ライダーに負けないくらい、いい声をいれてます」(長谷川)と達成感を明かす。さらに、芸人の先輩であるコバヤシとの共演を「ケンコバさんとはちょこちょこお仕事が一緒になることがありますが、作品で共演することはなかったので嬉しいですね。名前が一緒に出るというのはすごく光栄です」と喜んだ。

仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス」は、シリーズ最新作とその前作のライダーが共演する劇場版「MOVIE大戦」の第7弾。突如巻き起こった時空の崩壊により、タケルと進ノ介が10年前の2005年に飛ばされる。12月12日全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi