志田未来、初舞台は田中哲司と二人芝居「オレアナ」上演に意気込み : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月5日 > 志田未来、初舞台は田中哲司と二人芝居「オレアナ」上演に意気込み
メニュー

志田未来、初舞台は田中哲司と二人芝居「オレアナ」上演に意気込み

2015年11月5日 19:20

舞台で共演した田中哲司と志田未来「ハンニバル」

舞台で共演した田中哲司と志田未来
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 田中哲司志田未来による二人芝居「オレアナ」の公開フォトコール&ゲネプロが11月5日、東京・渋谷のパルコ劇場で行われた。今回初舞台を踏む志田は、「ずっと怖くて逃げてきたので、今回挑戦させていただきます」と明かし、翌日からの上演に向け「難しいですが、日々勉強です」と意気込んだ。

映画「ハンニバル」などの脚本で知られるアメリカ演劇界の鬼才デビッド・マメットが1992年に発表した「オレアナ」は、オフブロードウェイでは1年以上のロングランを記録。セクシャルハラスメントをキーワードに、男女の価値観の隔たりや、ディスコミュニケーションの悲劇を描き出している。

クライマックスでは観客の評価が真っ二つに分かれるため、世界中を議論に巻き込んだ“問題作”とされている。初舞台で「オレアナ」に挑んだ志田を、田中は「相当なハードルを越えてきていると思う。(演出の)栗山民也さんの演出をクリアするのも相当。未来ちゃんはそれを完璧にやっているので、心強いですね」と絶賛。これを受けた志田は「セリフも間違えますし、動きもよくわからなくなったりします」「もっとしっかり叩きこまないと」と真しに語っていた。

栗山氏が“バトル”と表現するほどの骨太の会話劇が繰り広げられる。それだけに、志田は「セリフを覚えるのが大変でした。(舞台上で)失敗できないプレッシャーもあるので……」と吐露。田中は「けいこ前と終わってからも、自主けいこをしました。それくらいやらないと追いつけない作品なので、そこは頑張りました」と胸を張り、「映像作品の時は、未来ちゃんはあまりミスしなかったんですが、けいこの膨大なセリフの中でミスしている姿を見るとうれしい(笑)。未来ちゃんでもミスするんだと、こっち側に寄って来てくれた感じがしました。でも、天才ですよ」と、なおも志田を褒めちぎっていた。

舞台「オレアナ」は、11月6~29日にパルコ劇場で上演。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi