マスコミ関係者が選ぶ「伊坂幸太郎原作映画No.1」に輝いたのはどの作品? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月5日 > マスコミ関係者が選ぶ「伊坂幸太郎原作映画No.1」に輝いたのはどの作品?
メニュー

マスコミ関係者が選ぶ「伊坂幸太郎原作映画No.1」に輝いたのはどの作品?

2015年11月5日 14:00

豪華俳優の共演も見もの「グラスホッパー」

豪華俳優の共演も見もの
(C)2015「グラスホッパー」製作委員会 角川文庫
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 140万部突破のベストセラーとなった伊坂幸太郎氏の小説を映画化した「グラスホッパー」のマスコミ向け試写会参加者計62人を対象に、伊坂氏原作映画の人気No.1を決めるアンケート調査が行われた。

伊坂氏の作品は、「グラスホッパー」までに10作品が映画化されている。今回のアンケートは複数回答形式で行われ、2位と大きく差をつけて首位に輝いたのは、堺雅人主演の「ゴールデンスランバー」(2010)。「グラスホッパー」で謎めいた殺し屋を演じている吉岡秀隆竹内結子香川照之らが顔をそろえ、ストーリーの面白さに加えて「キャスティングがよい」など出演者の演技が称賛された。

ベスト3は、下記の通り。

1.「ゴールデンスランバー」(20票)
2.「アヒルと鴨のコインロッカー」「重力ピエロ」(16票)
3.「オー!ファーザー」(10票)

同票を獲得して2位となったのは、伊坂氏原作映画の常連俳優・濱田岳瑛太が共演した「アヒルと鴨のコインロッカー」(06)と、加瀬亮岡田将生が兄弟役に扮した「重力ピエロ」(09)。続く3位は、同じく岡田が主演を務め、「グラスホッパー」で裏社会の交渉人に扮した村上淳も出演する「オー!ファーザー」(13)が選出された。以上の4作品に共通して挙げられているのは、原作の世界観を重視した映画である点。スピード感のある筋運びや、伏線回収の巧みさが支持される伊坂氏作品だけに、原作を忠実に再現した上で、映画的な面白さを加えられたかがカギとなったようだ。

グラスホッパー」は、渋谷のスクランブル交差点で起こったある事件を発端に、婚約者を失った気弱な元中学校教師・鈴木(生田斗真)、対象を自殺に見せかけて殺す“自殺屋”の鯨(浅野忠信)、若き殺し屋・蝉(アイドルグループ「Hey! Say! JUMP」の山田涼介)の運命が交錯していくさまをスリリングに描く。「脳男」(13)の瀧本智行監督がメガホンをとり、麻生久美子波瑠菜々緒宇崎竜童石橋蓮司らも出演。主題歌をYUKIが、アメリカのロックバンド、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンが挿入歌を担当する。11月7日から全国公開。

ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] ゴールデンスランバー<廉価版>[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,165 伊坂幸太郎原作による「ゴールデンスランバー」を映画化。身に覚えのないまま、見えない巨大な力によって首相暗殺犯に仕立てられた男の逃亡劇を描くサスペンス・ドラマ。
アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] アヒルと鴨のコインロッカー[DVD] 最安価格: ¥3,926 大ベストセラー作家・伊坂幸太郎の同名小説を濱田岳×瑛太×関めぐみ共演で映画化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi