ハリポタのスピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来冬公開へ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年11月4日 > ハリポタのスピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来冬公開へ
メニュー

ハリポタのスピンオフ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」来冬公開へ

2015年11月4日 05:00

5年ぶりにハリポタの世界が戻ってくる! (画像は「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」 劇中カット)「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」

5年ぶりにハリポタの世界が戻ってくる!
(画像は「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」
劇中カット)
(C) 2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
HARRY POTTER PUBLISHING RIGHTS (C) J.K.R.
HARRY POTTER CHARACTERS, NAMES AND
RELATED INDICIA ARE TRADEMARKS OF AND
(C) WARNER BROS. ENT. ALL RIGHTS RESERVED.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 大ヒットファンタジー「ハリー・ポッター」シリーズのスピンオフ映画の邦題が「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」に決定し、2016年冬の公開に向け、本格的に動き出すことが発表された。

このほど、全世界60カ国で同時に各国でのタイトルが発表された。J・K・ローリング氏による原作本「幻の生物とその生息地」の原題である「Fantastic Beats and Where to Find Them」が、英米をはじめとした大半の国で映画のタイトルとして採用される中、日本を含む12カ国では独自のタイトルを採用。配給を手がけるワーナー・ブラザース映画は、「ハリー・ポッターの魔法の物語に親しんできた皆様に、新たに始まるシリーズでこの素晴らしいファンタジーの世界を楽しんでもらいたい」という思いを込め、「未知の動物に魅了され、夢と希望を胸に世界中を旅する魔法使いの姿と、壮大なスケールの物語」が感じられるタイトルに決定したという。

シリーズ1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」で描かれた物語の約70年前の米国が舞台。ハリーやハーマイオニーたちがホグワーツ魔法魔術学校の授業で使っていた教科書「幻の生物とその生息地」を編纂(へんさん)した魔法使いニュート・スキャマンダーが主人公となる。旅先で発見した“幻獣”たちを記録するうちにニューヨークにたどり着く、魔法界きっての魔法動物学者スキャマンダーを演じるのは「博士と彼女のセオリー」でアカデミー賞主演男優賞に輝いた英俳優エディ・レッドメイン。ヒロイン役に抜てきされた「インヒアレント・ヴァイス」のキャサリン・ウォーターストンをはじめ、コリン・ファレルらが魔法使いを演じる。

シリーズ原作者のローリング氏が初めて映画の脚本に携わり、本作のためにストーリーを書き下ろし。第5作「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」から最終章「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」までメガホンをとったデビッド・イェーツ監督と、シリーズ全8作のプロデュースを務めたデビッド・ハイマンが続投する。正統なる作り手たちによる5年ぶりの新シリーズは、近日中に映像が世界同時公開される可能性もあるといい、ますますファンの期待が募りそうだ。

【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定】ハリー・ポッター ブルーレイ コンプリートセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - J.K.ローリング原作のベストセラー小説を映画化したシリーズ、「ハリー・ポッターと賢者の石」から「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2」までの全8作品を収録のコンプリートセット!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi