ジョー・ダンテ監督の次回作は迷宮が舞台の超常現象スリラー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月29日 > ジョー・ダンテ監督の次回作は迷宮が舞台の超常現象スリラー
メニュー

ジョー・ダンテ監督の次回作は迷宮が舞台の超常現象スリラー

2015年10月29日 19:55

ジョー・ダンテ監督の新作は「Labirintus」「グレムリン」

ジョー・ダンテ監督の新作は「Labirintus」
Photo by Tommaso Boddi/WireImage
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「グレムリン」で知れるジョー・ダンテ監督が、次回作として迷宮を舞台にした超常現象スリラー「Labirintus(原題)」のメガホンをとると、米バラエティが報じた。

物語の舞台は、ハンガリー・ブダペストのブダ城地下に広がる迷宮内に隠されたロシアの研究所。精神医学の研究者が、打ち捨てられた研究所の調査チームに参加させられ、自分たちの正気を疑わずにはいられなくなるような超常現象にさいなまれるというストーリーだ。英ゴールドクレスト・フィルムが出資・共同製作を手がける本作は、現在キャスティングが進められており、撮影は来春ハンガリーで行われる予定だという。

ダンテ監督のゾンビコメディ「ゾンビ・ガール」は、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほかで開催される「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2015」で上映中。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • スリー・ビルボードの評論 スリー・ビルボード 悲劇と喜劇、悲哀と笑い。果てしない不毛さの中に現れる“愛でるべきもの”
  • 羊の木の評論 羊の木 “異物”を排除する風潮に、寓話のかたちで果敢な異議申し立てを試みている
  • サファリの評論 サファリ 野生動物を殺すという娯楽に熱中する人々を捉えた戦慄の狩猟ドキュメンタリー
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi