キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック」続編、悪役にコモン : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月28日 > キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック」続編、悪役にコモン
メニュー

キアヌ・リーブス主演「ジョン・ウィック」続編、悪役にコモン

2015年10月28日 11:00

米ラッパーで俳優のコモン「ジョン・ウィック」

米ラッパーで俳優のコモン
Photo by Jamie McCarthy/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キアヌ・リーブス主演の本格アクション映画「ジョン・ウィック」(公開中)の続編に、米ラッパーで俳優のコモン(「ラン・オールナイト」)が悪役として出演すると米ハリウッド・レポーターが報じた。

ジョン・ウィック」は、ロシアンマフィアにすべてを奪われた元殺し屋ジョン・ウィック(リーブス)の壮絶な復讐を描いたバイオレンス・アクション。リーブスの代表作である「マトリックス」シリーズでスタントを務めたチャド・スタエルスキデビッド・リーチが初監督を務め、リーブスが次々と敵を秒殺していくさまをクールに描いた。昨年10月に全米公開されてから「マトリックス」以来のリーブスのベスト作品と高評価を獲得し、すぐに続編製作が決定していた。

続編の詳細は明かされていないが、コモンは、犯罪組織の女ボスの用心棒を演じる見込み。続編はリーブスとスタエルスキ監督、脚本のデレク・コルスタッドが続投し、10月末のクランクインを予定している。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi