メキシコの社会派プラ監督、コンペ出品の最新作は「愛のあるキャラクター描いた」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月28日 > メキシコの社会派プラ監督、コンペ出品の最新作は「愛のあるキャラクター描いた」
メニュー

メキシコの社会派プラ監督、コンペ出品の最新作は「愛のあるキャラクター描いた」

2015年10月28日 18:20

ロドリゴ・プラ監督と プロデューサーのサンディーノ・サラビア・ビナイ「モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ」

ロドリゴ・プラ監督と
プロデューサーのサンディーノ・サラビア・ビナイ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 第28回東京国際映画祭のコンペティション部門で上映されたメキシコ映画「モンスター・ウィズ・サウザン・ヘッズ」のロドリゴ・プラ監督、プロデューサーのサンディーノ・サラビア・ビナイが10月28日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで会見した。

病床にいる夫の容態が急変したため、主治医に連絡を取ろうとした妻の行動が思わぬ事態を引き起こしていくサスペンスタッチの心理ドラマ。実際に起きているストーリーに裁判の証人の証言を重ねていく斬新なスタイルで、プラ監督は「僕のキャリアからすると、どうしても社会的な視点に注目してしまう。だから複数の主観を描くことで、客観性を表したかったんだ」と意図を説明した。

プラ監督の妻である小説家ラウラ・サントゥーロの作品を映画化。原作のタイトルは「ヘッズ」の後に「NO BRAIN(能なし)」と付いており、縦割りの大企業を皮肉っているが、「僕らのような中間層に対して大企業は倫理的な判断をしないし、国も何も統制していない。夫が死ぬかもしれないということに直面した主人公はミスを犯すが、すぐに共感はしてもらえないかもしれないけれど愛のあるキャラクターを描きたかった」と確固たる信念をうかがわせた。

裏を返せば、夫を救うためになりふり構わない妻の究極の愛の物語とも解釈でき、夫婦ともにウルグアイからの移民であるプラ監督は「もちろん、妻を愛しているよ」とニヤリ。妻の裁判は結審せずに終わるが、「僕は常に子供同士や親子といった愛を描くことが好きなんだ。結末は皆さんが裁判官の立場で考えてもらいたい」と話していた。

第28回東京国際映画祭は10月31日まで開催。コンペの審査結果は同日のクロージングセレモニーで発表される。

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi