モードの帝王のスキャンダラスな真実を描く「サンローラン」予告編が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月28日 > モードの帝王のスキャンダラスな真実を描く「サンローラン」予告編が公開
メニュー

モードの帝王のスキャンダラスな真実を描く「サンローラン」予告編が公開

2015年10月28日 17:00

ギャスパー・ウリエルが天才デザイナーを熱演「SAINT LAURENT サンローラン」

ギャスパー・ウリエルが天才デザイナーを熱演
(C)2014 MANDARIN CINEMA - EUROPACORP -
ORANGE STUDIO - ARTE FRANCE CINEMA -
SCOPE PICTURES / CAROLE BETHUEL
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「モードの帝王」と呼ばれたフランスのデザイナー、イブ・サン=ローランの光と影を描いた映画「SAINT LAURENT サンローラン」の予告編がこのほど完成。華麗な成功の裏に隠された、誰も知らない過激でスキャンダラスな真実が赤裸々に描き出される。

1970年代半ば、絶頂期だったはずのサンローランが直面した、命を削るほどの創造の苦しみとスランプ。「モンドリアン・ルック」や「スモーキング」といった斬新なスタイルでセンセーションを巻き起こした直後の67年からの激動の10年間を描く。

このほど公開された予告編では、世界的デザイナーとしてトップを走り続ける一方で、酒や快楽におぼれ、プレッシャーに苦悩する主人公をギャスパー・ウリエルがフェロモンたっぷりに熱演。ジェレミー・レニエルイ・ガレルら実力派俳優が画面を彩り、「007 スペクター」のボンドガールに起用されたレア・セドゥーが演じるミューズのルルや、名匠ルキノ・ビスコンティに愛されたヘルムート・バーガー扮する後年のサンローランの姿も確認できる。退廃的で甘美な世界が、珠玉の60年代ファッションとともにスタイリッシュな映像美で展開される。

メゾン ある娼館の記憶」のベルトラン・ボネロ監督がメガホンをとった本作は、14年・第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に出品、仏のセザール賞では最多10部門にノミネート。サン=ローランがオートクチュールのメゾン1号店をパリのスポンティーニ通りにオープンさせた日にちなみ、12月4日から全国で順次公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi