田畑智子主演「鉄の子」来年2月公開!主題歌は「GLIM SPANKY」の人気バラード : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月28日 > 田畑智子主演「鉄の子」来年2月公開!主題歌は「GLIM SPANKY」の人気バラード
メニュー

田畑智子主演「鉄の子」来年2月公開!主題歌は「GLIM SPANKY」の人気バラード

2015年10月28日 14:55

「鉄の子」場面写真「鉄の子」

「鉄の子」場面写真
(C)2015埼玉県/SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 田畑智子主演の映画「鉄の子」が2016年2月に公開されることが決定し、新星ロックユニット「GLIM SPANKY」が人気楽曲「大人になったら」を主題歌として提供することがわかった。

映画は、親の再婚により同い年のきょうだいとなった小学生・陸太郎と真理子が、協力して両親を離婚させようと奮闘する姿を描く。“きょうだい”になったことをクラスメイトにからかわれることにうんざりした2人は、「リコンドウメイ」を組んであの手この手で両親を離婚させようとするが、両親の仲は悪くなるどころか、どんどん良くなっていってしまう。

主題歌を提供する「GLIM SPANKY」は、ボーカル兼ギターの松尾レミとギターの亀本寛貴からなる2人組で、昨年メジャーデビューを果たした注目度急上昇中のアーティスト。新曲「NEXT ONE」が、2020年の東京パラリンピックでの視覚障害者5人制サッカー(ブラインドサッカー)の日本代表公式ソングに決定している。今作の主題歌「大人になったら」は、インディーズ時代からファンに愛されてきた人気バラードだ。

今作を鑑賞した「GLIM SPANKY」の2人は、「子供は大人で、大人は子供だ、と気付かされた作品。伝えたい思いにとても真っすぐで、正直な映画だと感じました」(松尾)、「登場する子供2人と僕は年も全然離れているのに妙に感情移入してしまって、気付いたら自分だったらどうするかを必死に考えていました」(亀本)とコメントを寄せている。

鉄の子」は、福山功起監督がメガホンをとり、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015のオープニング作品として製作された。佐藤大志舞優、スギちゃんらが共演する。10月28日には第28回東京国際映画祭(TOHOシネマズ新宿会場)で上映される。2016年2月13日から角川シネマ新宿・MOVIX川口ほか、全国で順次公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi