「シェーン」デジタルリマスター版初上映 名作西部劇の魅力を逢坂剛、川本三郎が語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月26日 > 「シェーン」デジタルリマスター版初上映 名作西部劇の魅力を逢坂剛、川本三郎が語る
メニュー

「シェーン」デジタルリマスター版初上映 名作西部劇の魅力を逢坂剛、川本三郎が語る

2015年10月26日 13:45

(左から)作家の逢坂剛氏、映画評論家の川本三郎氏「シェーン」

(左から)作家の逢坂剛氏、映画評論家の川本三郎氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第28回東京国際映画祭と、スターチャンネル×スカパー!映画部の共同企画として、日本初の「シェーン」デジタルリマスター版が10月25日TOHOシネマズ新宿で上映され、作家の逢坂剛氏、映画評論家の川本三郎氏によるトークショーが行われた。

ジョージ・スティーブンス監督が1953年に発表し、開拓時代のワイオミングの高原を舞台に、流れ者・シェーンが移民の一家とふれあい、一家の苦境を助け戦う様を描いた、映画史に輝く西部劇の名作。主演は「砂漠部隊」のアラン・ラッド

川本氏は「恋愛ドラマでも、ホームドラマでもあり、女性ファンが多い作品。それまでの西部劇はマッチョ的だったが、主演のアラン・ラッドがタフガイではく、全編が9歳の子どもの視線でやわらかく描かれている」と他の西部劇とは一味違った魅力を持つと解説。さらに、「ソフトとは言っても、決闘シーンには山場があり、ウエスタンとしての見どころは十分」と時を経ても愛される名作への思い入れを語った。


画像2

[拡大画像]

逢坂氏は「ジャック・パランスの悪役ぶりは見ているだけで恐ろしい。酒場に入った瞬間に、部屋の隅にいる犬が出て行って、観客の深層心理に訴える。何度見ても新しい発見がある作品」とジョージ・スティーブンス監督の手腕を褒め称えた。また、自身の所有するモデルガンで、ガンアクションの所作を披露し、会場を沸かせた。

東京国際映画祭は10月31日まで開催。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi