「KAMPAI!」日本酒試飲イベントがTIFFで開催! 200人の観客が乾杯 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月25日 > 「KAMPAI!」日本酒試飲イベントがTIFFで開催! 200人の観客が乾杯
メニュー

「KAMPAI!」日本酒試飲イベントがTIFFで開催! 200人の観客が乾杯

2015年10月25日 21:45

200人と乾杯!「国士無双(1986)」

200人と乾杯!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本酒を題材にしたドキュメンタリー「KAMPAI! FOR THE LOVE OF SAKE」と第28回東京国際映画祭がコラボレーションした「日本酒テイスティングイベント」が10月25日、東京・六本木ヒルズアリーナで開催。入場無料で名酒が試飲できるだけあって、会場では大勢の観客たちが行列を作った。

イベントには、本作の小西未来監督や、出演した岩手県「南部美人」の5代目蔵元・久慈浩介氏らが出席。この日は南部美人をはじめ、木下酒造の「玉川」、旭川高砂酒造の「国士無双」、奥の松酒造の「奥の松」、須藤本家の「山桜桃(ゆすら)」、鈴木酒造店長井蔵の「磐城壽」など、6社の日本酒が振る舞われ、小西監督の音頭により、約200人の観客がグラス片手に乾杯した。

イベントは映画の上映直後に開催。小西監督は「見た人が、その後にお酒を飲みたくなるような映画を目指したので、こうした場を用意して頂いて嬉しいです」とほほ笑み、「もともとはクラウドファンディングから始まりました。個人でこれが面白いと思って投げかけたものが雪だるま式に大きくなって、結果的にここまで結びついたことが、すごすぎて自分として現実感がないですね」と感無量の面持ち。一方の久慈氏は、青空のもと「天気がいい時、飲むのはビールではありません。日本酒です! この秋の季節に一番おいしいのは日本酒です! 六本木ヒルズを日本酒色に染めていきましょう!」と声高らかに宣言した。

アリーナ内には「東京映画食堂」も併設されており、一流シェフたちが手がけた料理を販売。思い思いの組み合わせで日本酒と料理を楽しむ観客の姿も見られただけに、小西監督は「こうしてほかの蔵元さんも紹介できる。もし海外で公開されたら、日本酒の需要も増える。そういう形で恩返しできたらと思っています」と思いを明かした。

以前は「日本酒が苦手だった」という小西監督だが、「日本酒を敬遠していた昔の自分のような人に、この映画を見てもらいたいです」と話す。さらに「日本酒のおいしさは、身近に知っている人がいないと外れを引いて嫌になってしまうことが多いと思います。僕も身近に飲んでいる人がいなくて、たまたま飲んだのが味気ないやつばかりでした。この映画を通じて、日本酒ってこんなにおいしいんだと気付けたんです」と語り、「これをきっかけに、この映画に出ているお酒でもいいですし、近所の日本酒バーでもいいですし、もう一度自分にチャンスを与えて、日本酒に足を踏み入れてほしいです」と真摯に呼びかけた。

「KAMPAI! FOR THE LOVE OF SAKE」は、2016年春に公開予定。第28回東京国際映画祭は、10月31日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi