鈴木亮平、男子校の“リアル猛男”に大興奮「続編はお願いします」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月25日 > 鈴木亮平、男子校の“リアル猛男”に大興奮「続編はお願いします」
メニュー

鈴木亮平、男子校の“リアル猛男”に大興奮「続編はお願いします」

2015年10月25日 20:45

男子生徒300人と『好きだ!』を叫んだ鈴木亮平と永野芽郁「俺物語!!」

男子生徒300人と『好きだ!』を叫んだ鈴木亮平と永野芽郁
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 鈴木亮平が主演した映画「俺物語!!」の公開直前イベントが10月25日、都内の男子高校で行われ、鈴木とヒロインの永野芽郁が男子校高校生との交流を楽しんだ。

劇中で高校1年生を演じた鈴木は、同作をひと足先に鑑賞した男子生徒約300人を前に「映画ではなんとか成立していますが、こうやって比べると全然違いますね」と苦笑い。生徒の中に身長181センチ、体重125キロの柔道部員を発見すると「リアル猛男だ!」と大興奮の様子を見せ、「続編の際にはぜひ猛男役でお願いします。また太るの大変だからさ(笑)」と自ら出演オファーし、会場を盛り上げた。

この日は、鈴木と永野が生徒からの悩み相談に答える企画が実施された。高校時代は男子生徒が3人しかいないクラスにいたという鈴木は、「僕も女の子みたいになっちゃって、女子高みたいでした。女の子の恋愛相談にのったりしていたので、これは得意かも」とノリノリ。「緊張して女の子と話せない」という悩みに、「緊張してていい! 一生懸命君と話したいという誠意に、女性は感動してくれると思います。格好悪いと思っているところが、女性には可愛いと思われることも多い」と、大人の男のアドバイスを送っていた。

さらに、「男らしい告白の仕方」を聞かれた鈴木は、「とりあえず好きと伝えてみる。意外と向こうも気になっちゃうこともあるかもしれない。『好きだ!』。これです」と猛男になりきって指南。一方の永野は、劇中のセリフを引用して告白の“練習台”になり、生徒からの全力の告白に歓喜していた。

また、鈴木が「彼女がいない人!」と呼びかけると、約9割の学生が手を上げるという結果に。鈴木は「そうか……」と男子校の現実を嘆きながらも、「大丈夫。『俺物語!!』見たから明日からモテる!」と鼓舞し、永野は「猛男くんは好きな人に自分の気持ちを伝える男らしさがある。周りの人たちがみんなそうなったら、女の子は毎日幸せだと思う」と照れながらエールを送り、ピュアな魅力で男子生徒たちをメロメロにしていた。

俺物語!!」は、累計発行部数410万部を突破した同名少女漫画を原作に、身長約2メートル、体重約120キロの高校生・剛田猛男(鈴木)が、ひょんなことから出会った大和凛子(永野)に一目惚れし、凛子の幸せのため奮闘する様子を描いた。10月31日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi