園子温、最新作「ひそひそ星」に懸念!?「異次元に行っちゃったって言われそう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月24日 > 園子温、最新作「ひそひそ星」に懸念!?「異次元に行っちゃったって言われそう」
メニュー

園子温、最新作「ひそひそ星」に懸念!?「異次元に行っちゃったって言われそう」

2015年10月24日 11:30

ティーチインに臨んだ園子温監督「ひそひそ星」

ティーチインに臨んだ園子温監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 長谷川博己が主演し、園子温監督がメガホンをとった映画「ラブ&ピース」が10月23日、開催中の第27回東京国際映画祭のJAPAN NOW部門で上映され、園監督が東京・新宿ピカデリーでティーチインを行った。

園監督が25年前に書いた脚本を映画化。ロックミュージシャンの夢破れ、うだつのあがらない日々を過ごすサラリーマン鈴木良一が、一匹の亀「ピカドン」に出会ったことから人生を変えていくさまを描く。園監督は、「脚本を書き上げてからずっとプロデューサーを探していたがなかなか見つからなくて、決まるまでは長かった」と述懐。そのうえで、「その間、同じような作品が出てくるとひやひやしていた。『トイ・ストーリー』とか『ベイブ』とか」と製作に至るまでの長い道のりを振り返った。

これに反し、キャスティングはスムーズだったそうで「西田敏行さんは、台本を渡してから返事がくるまでの期間が『台本を読む間もないのでは?』というほど早かった」と明かす。その理由を「西田さんは『希望の国』を見ていたそうで、彼は福島出身だから“ありがとう”の気持ちを込めて、もし僕からオファーがきたら受けると決めていたそうです」と嬉しそうに語っていた。

質疑応答の場面では、熱心な“園ファン”が熱い思いをぶつけるひと幕も。「年々、作風がマイルドになっていませんか?」という質問に対して、園監督は「同じことをやりたくない。『園子温だったら』という周囲の期待に反発するのが俺らしいと思っている。前作のコピーはしたくなかった」と力説。さらに「だから次の『ひそひそ星』は『園子温どこ行っちゃたんだよ!』って言われそう。異次元に行っちゃったって」と自虐を交えて会場を笑わせた。

また「亀が可愛かった!」という感想が出ると、園監督は「亀はオーディションで一番演技力のある亀を選びました」と笑いながら明かし、「メインの亀とスタントマンの亀、全部で5匹いたけど、メインの亀は『ひそひそ星』にも出ています。園組の常連になりました」とおどけていた。

第28回東京国際映画祭は、メイン会場となる六本木ヒルズのほか、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿などで31日まで開催。園監督の最新作「ひそひそ星」は、2016年に公開予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi