ビートたけし、西島秀俊の怪しげな目元が印象的な「女が眠る時」ビジュアル完成 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月24日 > ビートたけし、西島秀俊の怪しげな目元が印象的な「女が眠る時」ビジュアル完成
メニュー

ビートたけし、西島秀俊の怪しげな目元が印象的な「女が眠る時」ビジュアル完成

2015年10月24日 06:00

4人の目元や表情が印象的に切り取られた 「女が眠る時」チラシビジュアル「女が眠る時」

4人の目元や表情が印象的に切り取られた
「女が眠る時」チラシビジュアル
(C)2016 映画「女が眠る時」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 香港出身で米国を拠点に活動するウェイン・ワン監督がメガホンをとる日本映画で、ビートたけしが自作以外では「血と骨」以来12年ぶりに主演を務める映画「女が眠る時」の公開日が2016年2月27日に決定。あわせてチラシビジュアルが完成した。

1995年の「スモーク」でベルリン国際映画祭の銀熊賞(審査員グランプリ)を受賞し、人間の本質を巧みに描写する作品で知られるワン監督が手がける同作には、たけしのほか、西島秀俊忽那汐里小山田サユリという豪華キャストが結集。初めて書いた小説がヒットしたものの、その後はスランプに陥っている作家の清水健二(西島)が、倦怠期の妻・綾(小山田)と訪れたリゾートホテルで、初老の男・佐原(たけし)と若く美しい女・美樹(忽那)というカップルに出会う。その異様な存在感に惹きつけられた健二は、2人の部屋をのぞき見るようになり、そのことから事態が思わぬ方向へと転がっていくさまを描く。

チラシビジュアルは「覗(のぞ)き見たのは、<狂気>か<愛>か。」というキャッチコピーとともに、たけしと西島の怪しげな目元と、忽那と小山田の表情をのぞき見るように切り取られている印象的なデザインだ。同チラシは、10月24日から順次劇場に設置される予定。

血と骨 コレクターズ・エディション[DVD] 血と骨 コレクターズ・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,886 第11回山本周五郎賞を受賞した、梁石日の最高傑作である同名小説を映画化した「血と骨」をパッケージ化。1920年代、大阪の朝鮮人集落を舞台に“怪物”と呼ばれた男の、鮮烈にして壮絶な生き様を描いた作品。ビートたけし、鈴木京香ほか出演。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi