富野由悠季監督、“ミノフスキー粒子”の発明を自画自賛「改めて秀逸なアイデア」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月23日 > 富野由悠季監督、“ミノフスキー粒子”の発明を自画自賛「改めて秀逸なアイデア」
メニュー

富野由悠季監督、“ミノフスキー粒子”の発明を自画自賛「改めて秀逸なアイデア」

2015年10月23日 23:45

富野由悠季監督と落合陽一氏

富野由悠季監督と落合陽一氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「機動戦士ガンダム35周年プロジェクト」として制作されたテレビアニメ「ガンダム Gのレコンギスタ」が10月23日、開催中の第28回東京国際映画祭の特集企画として上映された。東京・新宿ピカデリーではトークショーが行われ、「∀ガンダム」以来、約15年ぶりにシリーズの制作に携わった富野由悠季監督、メディアアーティストとしても活躍する落合陽一氏がアニメーション論やコンピューター工学、エネルギー問題など多岐にわたる議論を展開した。

CG全盛期を迎えているアニメーション業界だが、今作は手描き作画を主体に構成されている。富野監督はその理由を「偉そうな言い方をすると、20世紀が作り上げた文化があるから、遺産になるような作品を『Gレコ』でやってやる、なぜ悪いという“いきがり”があります」と説明。続けて、「『手描きアニメの方がレアに見える』という言い方で理解されているとすれば、この文化はいちジャンルとして残していきたい」と矜持をのぞかせた。

物語の舞台は「機動戦士ガンダム」で描かれた「宇宙世紀」の延長線上で、無線を無力化する「ミノフスキー粒子」などの設定が引き継がれている。富野監督は「ドラマを作るうえでは、取っ組み合いが出来なければいけない。宇宙で遠隔兵器を使わず、取っ組み合いをするために“無線を遮断”というのを思いついた」としたうえで、「いまだに取っ組み合いの劇ができて、愛し合うためには手が届くところで抱き合わなくてはいけない、という愛憎劇ができる。その原則を絶対に揺るがさないという意味では、改めて秀逸なアイデアだと感動した」と自画自賛した。

さらに、「宇宙開発も含めて、地球上の資源が消費される問題はどうなるかというのを、次の世代の人たちに本気で考えてほしいと思ったから、『Gレコ』の世界を作った」と思いを明かす。劇中に登場する軌道エレベーターなどの構造物は、「あれだけの規模のものを人工的に動かすことは、今でいうクリーンエネルギーでまかなえるかというと、絶対にできない」と断言し、「今の10代の人たちが、これを突破する方法論を見つけてくれるんじゃないか。宇宙工学を含めて、我々がもっと研究する必要があるということを画にするために『Gレコ』を作ったということは、今日初めて話しました。ロボットものとして見ていた人はびっくりすると思いますが、この話は分かってほしい」と力強く呼びかけた。

これを受け、落合氏も「14歳の時に『Zガンダム』を見て、『どうやって人類を革新するかに燃えよう』と血気盛んになりました」と自身の少年期を振り返り、「クリーンエネルギーをやろうだとか、『Gレコ』というアニメを通じて強いメッセージを受け取るというのはものすごく重要なこと」と呼応する。そして富野監督は、「大人にわかってもらう話を作っている暇はなくて、10~15歳の子どもたちへの種まきができるように、『Gレコ』を作りました」と話し、劇場の10代の観客たちに「頑張ってね!」とエールを送った。

第28回東京国際映画祭は、10月31日まで開催。

(映画.com速報)

フォトギャラリー

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 日本で一番悪い奴らの評論 日本で一番悪い奴ら 綾野剛は荒んだ心象風景の中でこそ精彩を放つ稀有な俳優である
  • 疑惑のチャンピオンの評論 疑惑のチャンピオン ヒーローの裏の顔、ドーピングの実態とスポーツビジネスの闇を暴く衝撃作
  • 二重生活の評論 二重生活 “理由なき尾行”にのめり込む女性を、門脇麦が緩急自在に演じきる
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社トランスフォーマー

求む、やる気満々でポジティブな……オタク!

職種映画宣伝パブリシティスタッフ(経験者優遇、未経験も可)

ACクリエイト株式会社

好きなことを選ぶ。その勇気が仕事のモチベーションになる。

職種日本語版制作(字幕/吹替)進行アシスタント

有限会社DROP.

「映画って、やっぱり面白い。」その気持ち、仕事にしませんか?

職種映画宣伝パブリシスト
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi