安藤桃子監督、イマジネーションの源は妹サクラ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月23日 > 安藤桃子監督、イマジネーションの源は妹サクラ
メニュー

安藤桃子監督、イマジネーションの源は妹サクラ

2015年10月23日 20:15

ティーチインを行った安藤桃子監督(右)と安藤サクラ「0.5ミリ」

ティーチインを行った安藤桃子監督(右)と安藤サクラ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優・奥田瑛二の長女の安藤桃子監督と実妹・安藤サクラが初タッグを組んだ映画「0.5ミリ」が10月23日、第28回東京国際映画祭のJAPAN NOW部門で上映され、メガホンをとった安藤監督と主演のサクラが東京・新宿ピカデリーでティーチインに臨んだ。

本作は、安藤監督が自らの介護経験をもとに書き下ろした小説を映画化。「どの段階で映画化をイメージしていたのか」と問われた安藤監督は、「原作小説の執筆段階から映画の構想があった」と明かし、「私は、何かを書く時は常に頭に映画がある。今回はそれを小説にして、さらに映画にしたみたいな感じ」と解説する。これに対しサクラは、「でも映画じゃない気もするな」と指摘。サクラが「私たち姉妹は、イメージする世界が先にあって、それを映画や小説にしている気がする」と説明すると、安藤監督も同調していた。

さらに安藤監督は、「原作小説の段階から主人公の山岸サワはサクラをイメージしていた」と告白。司会から「サクラさんをイメージして作ったのはこれが初めてか」と聞かれ、「本作に限らず、大体全部の作品で安藤サクラが私のなかにいる。人形というか、サクラを(頭のなかで)動かすことによって、私の想像力が無限大にまで広がる。1番いい、素敵なお人形です」と妹サクラが創作意欲の源であることを明かした。

その一方で、安藤監督は「いざ映画を作り始めると、サクラは人形の枠には収まらない」とも語る。“女優・安藤サクラ”が自身の作品に及ぼす影響を「私のビジョンをぶっ飛ばすくらいの人と一緒に仕事をするとき、予想の範ちゅうを超える無限の可能性が生まれる。そういう意味でもサクラはベスト」と笑顔で話していた。姉・桃子の話を「うん、うん」とうなずきながら聞いていたサクラは、「生まれた時から見てきた姉だからこそ、私の持っているものを無限大に引き出してもらえた。それを小説から書いてもらえたなんて贅沢ですね」と感慨深げに語っていた。。

ワケありの老人を見つけては介護を買って出る“押しかけヘルパー”山岸サワの生きざまを描く。第28回東京国際映画祭は、メイン会場となる六本木ヒルズのほか、新宿バルト9、新宿ピカデリー、TOHOシネマズ新宿などで31日まで開催。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi