オスカー女優ヒラリー・スワンク、こっそりファンサービスで笑顔満開 黒木メイサもうっとり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月23日 > オスカー女優ヒラリー・スワンク、こっそりファンサービスで笑顔満開 黒木メイサもうっとり
メニュー

オスカー女優ヒラリー・スワンク、こっそりファンサービスで笑顔満開 黒木メイサもうっとり

2015年10月23日 18:35

ヒラリー・スワンクと黒木メイサ「サヨナラの代わりに」

ヒラリー・スワンクと黒木メイサ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] オスカー女優のヒラリー・スワンクが10月23日、第28回東京国際映画祭で特別招待作品として上映される主演作「サヨナラの代わりに」の舞台挨拶を、東京・新宿ピカデリーで行った。スワンクの来日は、10年ぶり2度目となる。

ボーイズ・ドント・クライ」(2000)、「ミリオンダラー・ベイビー」(05)で2度のアカデミー賞主演女優賞に輝いているスワンクは、イベント開始前からこっそりとファンの前に姿を現し、約5分間サインや握手に応じた。小さな声で「また戻ってくるわね!」と言い残してイベントのスタンバイに戻っていったが、満開の笑顔と気さくな雰囲気で会場を魅了した。

スワンクは10年ぶりの来日に、「戻って来られてワクワクしています。東京は大好きです」とニッコリ。すでに歌舞伎を見に行ったことを明かし、「衣装もお芝居も素晴らしくて、こんなの見たことない! いろんなものを見てきたけれど、こんなに息をのむような経験は初めてでした」と大感動の様子で語っていた。

またこの日は、スワンクの10年来の大ファンだという女優の黒木メイサが応援に駆け付けた。黒木は憧れのスワンクを目の前に「ただのファンです。ファン代表としてここにいます!」と興奮を隠せない様子。スワンク演じる筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者と、女子大生の友情を描いた今作について「すごく素敵な映画で、心が温まる」と感動を伝え、スワンクと笑みを交わしていた。

徐々に病魔に侵されていく主人公の役作りのため、さまざまなALS患者と会ったというスワンクは、「皆さんとてもパーソナルな話をシェアしてくれましたので、(患者の)皆さんのストーリーを代弁するつもりで役にあたりました」と語り、「これだけALSの現状について事細かに語っていく映画は初めてだと思うので、とても大切な作品なんです」と、難病の周知に一石を投じる作品であることをうかがわせた。

また、今作のプロデューサーも兼ねており「とにかく力強い友情と愛情の物語。何よりもあるがままの自分でいるということの大切さを説いていて、そんなあるがままの自分でいさせてくれる人に恩返しをするというストーリー。ある種、女性と女性のラブストーリーで、これはめったに見られないと思ったわ」と、力強く映画をアピールしていた。

サヨナラの代わりに」は、ALSと診断された女性ケイト(スワンク)が、自由奔放な女子大生ベック(エミー・ロッサム)と出会ったことで、恋愛、夢、自分らしい生き方を見つめなおしていくヒューマンドラマ。「最後の初恋」のジョージ・C・ウルフがメガホンをとった。11月7日から東京・新宿ピカデリーほか全国で公開。第28回東京国際映画祭は10月31日まで開催。

ボーイズ・ドント・クライ[Blu-ray/ブルーレイ] ボーイズ・ドント・クライ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,252 1999年度アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ、世界各国の映画賞を獲得したヒラリー・スワンク主演の話題作。
ミリオンダラー・ベイビー[DVD] ミリオンダラー・ベイビー[DVD] 最安価格: - アカデミー賞主要4部門を受賞したクリント・イーストウッド監督の大作。娘に縁を切られた男と家族の愛に見放された女が、ボクシングを通して、深い傷や苦しみを共に乗り越えていく。どこまでも強い絆が感動を呼び起こす。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi