TIFFは今年もアニメに注力!ガンダム六本木に立つ&宮野真守は亜人引き連れ登場 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月23日 > TIFFは今年もアニメに注力!ガンダム六本木に立つ&宮野真守は亜人引き連れ登場
メニュー

TIFFは今年もアニメに注力!ガンダム六本木に立つ&宮野真守は亜人引き連れ登場

2015年10月23日 05:00

“亜人”を引き連れて登場した宮野真守「パディントン」

“亜人”を引き連れて登場した宮野真守
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第28回東京国際映画祭のオープニングセレモニーが10月22日、東京・六本木ヒルズで行われた。豪華俳優陣がレッドカーペットを練り歩くなか、ガンダム、プリキュアといった国民的アニメのキャラクターや人気声優の宮野真守をはじめ、アニメ作品の登壇者たちも会場を大いに盛り上げた。

「機動戦士ガンダム」を特集するアニメーション企画「ガンダムとその世界」からは、富野由悠季監督、キャラクターデザインの安彦良和、メカニックデザイナーの大河原邦男、アムロ・レイ役の声を務めた古谷徹ら、ガンダム黄金期を支えたスタッフ&キャストがそろい踏み。さらに、壇上に特大サイズの初代ガンダムと「ガンダム Gのレコンギスタ」のGセルフが登場すると、沿道からは歓声があがっていた。

パノラマ部門に選出された「亜人 第1部『衝動』」からは主人公・永井圭の声を務める宮野真守が、全身真っ黒のいで立ちでゆらりゆらりと怪しく歩く“亜人”軍団を引き連れて登場。光沢のある白のスーツをまとった宮野は、「まもー(宮野の愛称)! 愛してるよ!」といった熱烈な声援に笑顔で応え、ファンを魅了していた。レットカーペット直後のインタビューでは、宮野は「レッドカーペットを皆さんと歩けて、緊張したけど幸せでした」と喜びを述べ、さらにゾンビのようにノロノロと動き回る亜人たちを見ながら「皆さんって黒い人たちばっかりだけど」と吹き出していた。

原色の鮮やかな衣装で、ひときわ目を引いていたのは「映画Go!プリンセスプリキュア Go!Go!!豪華3本立て!!!」の一団。嶋村侑浅野真澄山村響沢城みゆきの主要声優は、キュアフローラ、キュアマーメイド、キュアトゥインクル、キュアスカーレットと手をつなぎながらレッドカーペットを闊歩。声優陣は、それぞれ自分が声を担当するキャラクターのカラーのドレスをまとい、作品の世界観を表現していた。

様々なキャラクターがポップな動きで笑いや声援を浴び盛り上がるなか、「パディントン」の主人公パディントンは、沿道からの声援に帽子をずらす丁寧な挨拶で応えるなど、“紳士なクマ”という謳い文句通りのジェントルマンな対応を見せていた。握手を求められた際には、体を小さく傾け感謝を示すなど、小さな紳士の愛らしい仕草に対し沿道は「かわいい!」と絶賛していた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi