唐沢寿明「杉原千畝」ワールドプレミアで5分のスタンディングオベーションに感無量 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月22日 > 唐沢寿明「杉原千畝」ワールドプレミアで5分のスタンディングオベーションに感無量
メニュー

唐沢寿明「杉原千畝」ワールドプレミアで5分のスタンディングオベーションに感無量

2015年10月22日 04:00

満席の会場をバックに笑顔をのぞかせる唐沢ら「杉原千畝 スギハラチウネ」

満席の会場をバックに笑顔をのぞかせる唐沢ら
[拡大画像]

[映画.com ニュース]唐沢寿明主演作「杉原千畝 スギハラチウネ」のワールドプレミアが10月13日(現地時間)、舞台となったリトアニア・カウナスの映画館ロムバで行われ、唐沢をはじめ小雪チェリン・グラック監督が舞台挨拶に立った。

映画は第2次世界大戦中、リトアニアでユダヤ難民にビザを発給した実在の人物、故杉原千畝氏を描く。本編上映後、5分におよぶスタンディングオベーションが起こり、唐沢は満席の会場を前に「この地でたくさんの方々に杉原さんの映画を見ていただいて、日本人として改めて杉原さんを誇りに思います。これからも杉原さんを忘れずにいてください」と感激の面持ち。小雪は、オファー受け「私の役目」と感じたそうで、「世界中の人が差別や戦争を考えるきかっけになってもらえたらうれしい」と語りかけていた。

リトアニアでの好反応に、唐沢は「みんなニコニコしているから嘘じゃないというのがわかります。誰か一人にフォーカスした作り方ではなく、時代背景が分かるからいいのでは」と手ごたえ。そして「こういう時代をこの人は生きて、自分の中で多くの犠牲を払ってまでたくさんの人を救ったということがわかってもらえると思う。彼がやったことは素晴らしいことだと思うし、今の人では絶対マネできないですよね。ただの正義感だけではできないこと」としみじみと語った。

小雪は「自分が千畝さんの立場になったらどう決断するかと考えた時、正しいと思う道を選択できるかが常に問いただされていると感じます。シチュエーションは違えど、自分が好きなことや正しいと思えることをちゃんと発言したり、意思を持ってもらえたら。自分のことを認められる世の中になっていったら」と切実な思いを明かした。7月8日に出産した第3子について「エンディングの光の差し方といい、気温といいすごく幸せな空気感だったんです。(試写時に)それを見た時にふと頭によぎったのが、もしかしたら上で見ていてここに入りたかったのかなって。見るまではそんなこと考えたことはなかったのですが、生命が空から来るとしたら、一緒に見ていて降りてきたのかなって」と母親の顔を見せた。

ティーチインでは、観客から杉原氏への思いや作品に関する質問が投げかけられた。グラック監督は、「(キャスティングは)僕より先に唐沢さんが決まっていたので、唐沢さんのおかげでここに立てている。ふたりとも素晴らしい役者さんなので、感謝しています」と謙虚な姿勢。そしてテーマは「難しいことではない」と説明し、「自分がいいと思ったことをやれという意味ではないけれど、自分が正しいと思ってこの道を歩まなければいけないと決断した以上、それを行動で示すしかない」と熱弁を奮った。

この日、450席の劇場に観客が殺到。50人の立ち見が出たほか、チケットを手に入れることができなかった観客が150人を超えるなど、本作の注目の高さをうかがわせた。会場には学生など若い世代も多く詰めかけており、小雪は「年配の方が見てくださるのかなと思っていたのですが、若い方が多くてみんな目がキラキラ輝いていました。カウナスまで来た甲斐がありました」と満足げだった。シモナス・カイリース副市長に名誉観光大使就任を求められる一幕もあり、唐沢は突然のことに驚きながらもニッコリ。小雪も「光栄です。ご縁があるといいですね」と笑顔をのぞかせていた。

また、杉原氏の四男・伸生さん、長男・弘樹さんの妻・美智さん、弘樹さんの娘のまどかさんが駆けつけた。

杉原千畝 スギハラチウネ」は、12月5日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi