サム・メンデス監督×主題歌担当サム・スミス、「007 スペクター」“Wサム”対談実現! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月21日 > サム・メンデス監督×主題歌担当サム・スミス、「007 スペクター」“Wサム”対談実現!
メニュー

サム・メンデス監督×主題歌担当サム・スミス、「007 スペクター」“Wサム”対談実現!

2015年10月21日 19:50

“最高のラブソング”が、映画を盛り上げる「007 スペクター」

“最高のラブソング”が、映画を盛り上げる
SPECTRE (C) 2015 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc.
, Danjaq, LLC and Columbia Pictures Industries, Inc.
All rights reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ダニエル・クレイグが主演する人気スパイアクションシリーズ最新作「007 スペクター」のビデオブログ第7弾(ラブソング編)が公開された。主題歌「ライティングス・オン・ザ・ウォール」を担当したグラミー賞歌手サム・スミスと、前作「007 スカイフォール」(2012)に続いてメガホンをとったサム・メンデス監督が楽曲について語り合うほか、起用の経緯が明かされる。

スミスは「アメリカにいるエージェントにメールを送りました。世界一生意気な内容でした。『007』のテーマ曲を歌わせてほしい、と」と本作の製作サイドに自ら売り込みをかけたと明かす。メンデス監督と製作を務めるバーバラ・ブロッコリに面会を果たし「映画音楽で大切なのは作品の印象やトーンに調和することです。サム・スミス以外には考えられませんでした」(ブロッコリ)とお墨付きを得たスミスは、主題歌歌手に決定した今でも「未だに信じられません」と驚きを隠さない。

「すぐれた物語は物語を伝える助けとなります。早い時期に出会うことができれば、作品そのものにも影響を与えます」との考えを持つメンデス監督は、初めての会議でスミスに「求めている音楽は最高のラブソングだ」とオーダーしたそう。その言葉を「常に意識していた」と対談で明かしたスミスは、主人公ジェームズ・ボンド(クレイグ)の心情を代弁すべく、台本を夢中になって読み、ブロッコリらと何度も話し合いを重ねたという。念願かなったスミスは「私にとって最高の仕事です」とあふれんばかりの喜びを語った。

また、ビデオブログの公開にあわせて、新たな場面写真も解禁。ボンドと、レア・セドゥーモニカ・ベルッチ演じる2人のボンドガールがそれぞれ向き合っており、「007」らしいロマンチックな展開を予感させるものとなっている。

007 スペクター」は、ボンドの隠された過去を描くと共に、「007/ゴールドフィンガー」(64)ほかシリーズ過去作にも幾度となく登場した悪の組織「スペクター」の首領・オーベルハウザー(クリストフ・ワルツ)との対決を描く。レイフ・ファインズベン・ウィショーナオミ・ハリスらが「007 スカイフォール」に続いて出演する。11月27日から29日の3日間で先行上映され、12月4日から全国公開。

〔スチールブック仕様〕007/スカイフォール〔2,300セット数...[Blu-ray/ブルーレイ] 〔スチールブック仕様〕007/スカイフォール〔2,300セット数...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 究極のスパイ・アクションとして新たな幕開けを描いた『007』シリーズ第23作。
ゴールドフィンガー[Blu-ray/ブルーレイ] ゴールドフィンガー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 アメリカの金を放射能で汚染しようと企むゴールドフィンガーに立ち向かうボンドの活躍を描いた、ショーン・コネリー主演で贈る007シリーズ第3弾。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi