「サイボーグ009VSデビルマン」の魅力を人気声優・浅沼晋太郎、M・A・Oが語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > 「サイボーグ009VSデビルマン」の魅力を人気声優・浅沼晋太郎、M・A・Oが語る
メニュー

「サイボーグ009VSデビルマン」の魅力を人気声優・浅沼晋太郎、M・A・Oが語る

2015年10月18日 11:30

共演したM・A・Oと浅沼晋太郎「デビルマン」

共演したM・A・Oと浅沼晋太郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 石ノ森章太郎氏原作の「サイボーグ009」と永井豪氏原作の「デビルマン」という二大ヒーローが激突する新作アニメ「サイボーグ009VSデビルマン」で、デビルマン/不動明役を務めた浅沼晋太郎、そして003/フランソワーズ役のM・A・Oがその思いを語った。

タイトルを聞いただけで強烈なインパクトを残す同作だけあって、「反響は尋常じゃなかったですね。大勢の人から、不動明をやるの!? と驚かれましたから。それだけ愛されてきた作品なんだな、とあらためて思いました」とあらためて思ったという浅沼。一方のM・A・Oは、世代的なこともあって、両作品とも名前を聞いたことがある程度だったというが、「まわりの方から、これはすごいことなんだよ、とてつもない企画なんだよと熱のこもったコメントを聞くようになって、本当にすごい作品なんだなという実感がわいてきました。これは、今まで築き上げられたものを崩さないようにしなければいけない」と思い、気持ちを引き締めたという。


画像2

[拡大画像]

悪の組織「ブラックゴースト」に立ち向かう9人のサイボーグ戦士。デーモンとの戦いを繰り広げるデビルマン。決して交わることがないと思われた両者は、ある事件をきっかけに対面し、やがて激突する。その物語展開に浅沼も「バーサスと聞くと、今まではその多くが初めから共闘する作品でしたけど、この作品でのデビルマンと009はちゃんと拳と拳で、ガチで殴り合っている。本当に戦うんだなと思って。それが印象的でしたね」と感心した様子だ。

そんな本作に登場するデビルマンの絵が「僕の知っているデビルマンよりもよりワイルドで、野獣のように感じました」と感じたという浅沼は、「009はスタイリッシュであるべきだと思っていたので、むしろワイルドさはこちらに任せてくれというくらいの気持ちで演じました(笑)」と語る。一方のM・A・Oは「フランソワーズは、気が強い一面もあるけど、基本的には優しくて母性を感じさせるようなキャラクターだと思います。演技に関してはそういった部分を意識してやらせていただきました」と振り返る。


画像3

[拡大画像]

本作のサイボーグ戦士の声優には、東地宏樹小山剛志水島裕郷田ほづみといったベテラン勢が多数参加している。「緊張感からセリフが走ってしまったこともありました。でもまわりの皆さんが優しく話しかけてくださったので、少しずつ緊張がほぐれて、落ち着く事ができました。でもそうなると今度は、この作品がどれだけたくさんの人に見られるんだろうかという次のプレッシャーが襲ってきて……」と笑いながら振り返ったM・A・O。

「あのメンバーの中に、フランソワーズとして入るのは相当なプレッシャーだっただろうなと思います。立派だなと思いました」とねぎらいの言葉を送る浅沼だが、M・A・Oが女優として参加した「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイイエロー役にかけて「でも彼女はチームの中のヒロインとしては慣れていますからね」とニヤリ。そんな思わぬ指摘にM・A・Oも「そういう共通点もありますね」と笑顔を見せた。

サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] サイボーグ009VSデビルマン コンプリートBlu-ray 特別限定版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥11,420 日本漫画界の巨匠、石ノ森章太郎と永井豪。全世界に影響を与えた2人の代表作「サイボーグ009」と「デビルマン」がまさかのコラボレーション。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi