首藤康之、「愛と哀しみのボレロ」は「僕の教科書のような作品」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > 首藤康之、「愛と哀しみのボレロ」は「僕の教科書のような作品」
メニュー

首藤康之、「愛と哀しみのボレロ」は「僕の教科書のような作品」

2015年10月18日 09:00

バレエの名作「ボレロ」を語った首藤康之「ボレロ」

バレエの名作「ボレロ」を語った首藤康之
[拡大画像]

[映画.com ニュース]クロード・ルルーシュ監督が1981年に発表した「愛と哀しみのボレロ」デジタルリマスター版の4週間限定上映が10月17日、YEBISU GARDEN CINEMAで始まり、バレエダンサーの首藤康之を迎えたトークイベントが行われた。

ベルリン、モスクワ、パリ、ニューヨークを舞台に、第2次世界大戦前から戦中、そして1980年代へと至る中で、芸術家たちのドラマチックな人生模様を描いた3時間超の大作メロドラマ。モーリス・ラベル作曲、モーリス・ベジャール振付によるバレエの傑作「ボレロ」を舞う天才ダンサー、ジョルジュ・ドンの圧巻の舞踊シーンが絶賛された。

1960年初演の「ボレロ」は当初女性ダンサー向けに振付けられ、1979年にジョルジュ・ドンが男性ダンサーとして初めて旋律を踊った。リズムと呼ばれる群舞ダンサーの男女入れ替えなどもあったそうだが、「ドンさんが踊ることによって、性を超えて、男も女も関係ない、人間としての踊りになっていった」「僕が知る限り、男女の振付を変えずに最初から最後まで踊れる唯一の作品」と現代バレエの名作について説明した。

首藤はベジャール振付の「ボレロ」を踊ることを許されたダンサーの一人であり、生前のベジャールとの数々の思い出を語る。ベジャールの大半の作品の主題は「愛と死」で、「ボレロ」は「海」がもうひとつの大きなテーマだったという。ベジャールが団員たちと海水浴をした際に、女性ダンサーが海中から出てきた瞬間を見て、振付を思いついたというエピソードを明かし、「ベジャールさんは海は何か神聖なものが生まれ出てきて、帰っていくところだと考えていた」と話した。また、作曲者のラベルも海辺でのバカンスで「ボレロ」のリズムを作曲したそうだ。

愛と哀しみのボレロ」で舞うジョルジュ・ドンの姿を「何千回と見ました」という首藤。映画では、アーティストたちの人間ドラマと共に激動のヨーロッパ現代史が描かれているが「舞踊の歴史にも、社会的な背景は切っても切り離せない」といい、「僕の歴史の教科書のような作品」と思い入れを語った。

愛と哀しみのボレロ」デジタルリマスター版はYEBISU GARDEN CINEMAで上映中。

愛と哀しみのボレロ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 愛と哀しみのボレロ Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,845 名匠クロード・ルルーシュが自らのキャリアの集大成として挑んだ作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi