ドリームワークス、ユニバーサルとの配給契約交渉を開始 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > ドリームワークス、ユニバーサルとの配給契約交渉を開始
メニュー

ドリームワークス、ユニバーサルとの配給契約交渉を開始

2015年10月18日 23:00

スピルバーグ監督が率いるドリームワークス「ジュラシック・ワールド」

スピルバーグ監督が率いるドリームワークス
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]スティーブン・スピルバーグ監督が率いるドリームワークスが、NBCユニバーサルと配給契約の交渉を開始したとDeadlineが報じた。

ドリームワークスは現在、ウォルト・ディズニーと配給契約を結んでいるが、2016年8月で契約満了となるため、その後の動向に注目が集まっている。ディズニーは、09年にドリームワークスと配給契約を締結。実写映画を充実させる思惑があったが、その後、マーベルやルーカスフィルムを買収したため、豊富なラインアップを誇るようになった。また、ドリームワークスが製作した作品の当たり外れが激しいため、スピルバーグ監督によるロアルド・ダールの「オ・ヤサシ巨人BFG」の映画化「The BFG」(全米公開16年7月1日)を最後に、ドリームワークスと別れる道を選ぶと見られている。

ドリームワークスの新たな配給パートナーの最有力候補は、スピルバーグ監督の古巣ユニバーサル。スピルバーグ監督が製作総指揮を手がけたユニバーサル作品「ジュラシック・ワールド」が世界興収16億ドルという大ヒットを記録したいま、ドリームワークスの獲得に積極的になっているという。

なお、スピルバーグ監督の最新作はトム・ハンクス主演の冷戦ドラマ「Bridge of Spies(原題)」で、10月16日に全米公開される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi