板尾創路、明石家さんまからの「感銘を受けた言葉」を告白 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > 板尾創路、明石家さんまからの「感銘を受けた言葉」を告白
メニュー

板尾創路、明石家さんまからの「感銘を受けた言葉」を告白

2015年10月18日 19:00

舞台挨拶に立った板尾創路、桂三度、「カラテカ」の入江慎也「ワレワレハワラワレタイ ウケたら、うれしい。それだけや。」

舞台挨拶に立った板尾創路、桂三度、「カラテカ」の入江慎也
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「ワレワレハワラワレタイ ~ウケたら、うれしい。それだけや。~」が10月18日、京都で開催中の京都国際映画祭2015で上映され、板尾創路桂三度、「カラテカ」の入江慎也がイオンシネマ京都桂川での舞台挨拶に出席した。

100周年を迎えた吉本興業が、その魂を次の100年へ受け継ぐべくスタートさせたドキュメンタリープロジェクトの第1弾。木村祐一が大御所から気鋭の若手まで、107人のお笑い芸人にインタビューを敢行し、芸人としての人生や矜持、そして葛藤を鋭く抉り出していく。

この回は、笑福亭仁鶴編と「雨上がり決死隊」編が上映された。板尾は、大御所である仁鶴について「いまだに怖い。面白い人は怖いですね」とポツリ。これを受けた三度は「仁鶴師匠は、本当に優しいんです」といい、「祇園花月で一緒になった時、昼ごはんに行こうと誘ってくださった、ごはんも何でも頼めと言ってくれて、すごく優しい、思っていたのと違うと思った」と最敬礼だった。

さらに三度は、「仁鶴師匠は政治の話もされるんで、その時に僕が黙っていたら『君はどう思うんや』と聞かれた」と語る。「何か答えなあかんと思って、『日本はすべてアメリカのいいなりです』と言ったら、めっちゃ怖い目をして『……その通りや』」と戦々恐々としたエピソードを明かすと、板尾から「(言葉の)ため方が『クイズ$ミリオネア』みたいやな」とツッコミを入れられていた。

一方の雨上がり決死隊に関しては、板尾は宮迫博之が「この業界でお仕事をもらえていることが奇跡」と語っていたことを引き合いに、「彼らもいろいろあって今のポジションがある。宮迫の言うように、(周囲に)感謝する気持ちは、聞いていてすごくよくわかる」と同調。三度は蛍原徹について「蛍原さんと仲良くさせてもらっていますが、蛍原さんってグチとか一切言わないんです」と明かすと、入江も「蛍原さんはメールしかほとんどしたことないですが、絶対にメールを返してくれる先輩」と話していた。

また、「先輩芸人からの感銘を受けた言葉」を聞かれると、板尾は「なんばグランド花月で吉本100周年イベントの時に、明石家さんまさんに『お前が一番おもろかったわ』と言われたことがあった」と告白。その言葉の真意はわからないそうだが、「その言葉が妙に残っています。具体的な意味はないけど、先輩に何気なく言われた言葉が、後輩にずっと残ることがありますね」と目を細めていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi