「おかずクラブ」オカリナ、“ブサイクいじり”を歓迎「私の時代が来た」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > 「おかずクラブ」オカリナ、“ブサイクいじり”を歓迎「私の時代が来た」
メニュー

「おかずクラブ」オカリナ、“ブサイクいじり”を歓迎「私の時代が来た」

2015年10月18日 18:30

お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナとゆいP「ダメ男に復讐する方法」

お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナとゆいP
[拡大画像]

[映画.com ニュース] キャメロン・ディアス主演のコメディ映画「ダメ男に復讐する方法」が10月18日、京都で開催中の京都国際映画祭2015の特別招待作品として上映され、お笑いコンビ「おかずクラブ」のオカリナとゆいPがイオンシネマ京都桂川でのトークイベントに出席した。

きみに読む物語」のニック・カサベテス監督と、「メリーに首ったけ」のディアスがタッグを組んだ本作。米ニューヨークで弁護士として働くカーリーは、ハイスペックなイケメン男性マークと恋に落ちる。しかしマークはとんでもないダメ男で、妻と愛人がいることを知ったカーリーは、復しゅうすることを決意する。

おかずクラブのふたりは、登場するなり「ドリュー・バリモアに似ていると言われるゆいPです」「たまに深津絵里に見えちゃうオカリナです」と挨拶し、客席の笑いを誘った。自身が思う「ダメ男の特徴」を聞かれると、ゆいPは「まず暴力を振るう、働いていない」といい、オカリナは「女子どもに暴力を振るう、お酒とギャンブル」と列挙した。

また、「彼氏が女友だちと食事に行くのは浮気か?」と質問されたゆいPは、「そういうきっかけで好きになっちゃうこともある。だからと言って束縛する器の小さい女と思われるのは嫌だ」と悩ましげ。一方のオカリナは「私は女友だちはあり得ないと思う。だから、嫌だなあ」と語り、MCを務めたヤナギブソンから「どの顔で言うとんねん! 何でお前らがこの映画に呼ばれたんや、もっと他にあったやろ」とツッコミを入れられていた。

さらに、ヤナギブソンが「『アジアン』の隅田美保さんが、ブス業界から撤退しましたけど」と水を向けると、オカリナは「私の時代が来たんじゃないかと思って、良かったです」と“ブサイクいじり”を歓迎。しかし、ゆいPいわく「逆に『オカリナちゃんってかわいいよね。いじって大丈夫?』と言われる」そうで、オカリナは「そんな流れになられても困るんですよ。商売あがったりですよ!」と悲鳴を上げていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi