共演2度目の千葉雄大と山本美月「前より素敵になっていた」と褒め合い : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月18日 > 共演2度目の千葉雄大と山本美月「前より素敵になっていた」と褒め合い
メニュー

共演2度目の千葉雄大と山本美月「前より素敵になっていた」と褒め合い

2015年10月18日 07:00

仲の良さをうかがわせた千葉雄大と山本美月「Mr.マックスマン」

仲の良さをうかがわせた千葉雄大と山本美月
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 千葉雄大主演の特撮ヒーローアクション「Mr.マックスマン」が10月17日、全国57館で公開初日を迎え、千葉をはじめ、共演の山本美月久保田悠来青木玄徳、なだぎ武、増田哲英監督が東京・イオンシネマ板橋での舞台挨拶に登壇した。

千葉、増田監督とともに、大阪での舞台挨拶を終え会場に駆けつけた山本は、満員の客席に笑顔で応えながら「大阪での舞台挨拶は千葉君と増田監督と私の3人だけだったので心もとなかった。こちらの会場はなだぎさんがいるから安心です」といきなり本音をポロリ。「頼りないってことですか!?」と落胆する千葉と増田監督をよそに、すっかり上機嫌になったなだぎは「任せてください!」と山本に笑顔で応え、もちネタである「ビバリーヒルズ青春白書」のディラン・マッケイのモノマネを披露するなど、序盤からフルスロットル。このやり取りを見ていた久保田は「でも僕は、千葉君に癒されようと思って来たよ」とフォローしていた。

軽口を叩き合う仲のよさを見せる千葉と山本は、本作が2度目の共演。互いの印象を、千葉は「1度目に増して美しくなっていて素敵だなと思いました」とニッコリ。これに対し山本は「なんでそんなこというの!?」と動揺しながらも、「千葉君も1度目に増してかっこよくなっていました。素敵でした」と赤面しながらも、褒め返していた。

映画は、失敗ばかりのアナウンサー谷口正義が“史上最弱のヒーロー”に変身する異色アクション。2010年放送の東映特撮シリーズ「天装戦隊ゴセイジャー」のゴセイレッド役で俳優デビューした千葉は、ヒーロー作品への思い入れについて「僕は変身ヒーローものがデビュー作だから、特別視はしていなかったのですが、他の現場でうらやましがられることがすごく多くて、ヒーロー作品に出るってすごいことなんだと気づかされた」と述懐した。さらに「みんなに『俺も“ヘンセン”したかった』って言われました」と続けると、すかさず共演陣は「ヘンセンじゃなくて変身だろ」(青木)、「変な言葉出てきた!」(久保田)と総ツッコミ。千葉がたじろぎながらも「テヘ」とポーズを決めてごまかすと、客席は「かわいい!」と大喜びしていた。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi