松江哲明監督、山田孝之の人物像を明かす「人たらしの部分がある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月17日 > 松江哲明監督、山田孝之の人物像を明かす「人たらしの部分がある」
メニュー

松江哲明監督、山田孝之の人物像を明かす「人たらしの部分がある」

2015年10月17日 09:00

山田孝之について語った松江哲明「バクマン。」

山田孝之について語った松江哲明
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の山田孝之が昨夏に東京・北区の赤羽で過ごした姿に密着したドキュメンタリードラマ「山田孝之の東京都北区赤羽」の上映イベントが10月16日、京都で開催中の京都国際映画祭2015内で行われ、監督を務めた松江哲明、ドキュメンタリー映画監督の森達也がトークショーに出席した。

時代劇映画「己切り」の撮影中、役と自身を切り離せずスランプに陥った山田。清野とおる氏の漫画「ウヒョッ!東京都北区赤羽」(双葉社刊)に感銘を受け、実際に赤羽に住むことになり、清野氏や漫画に登場する住人たちと交流しながら、自分の「軸」となるものを探していく姿に密着した。この日は、ブルーレイ&DVD BOXに収録される未公開映像満載の「もうひとつの『山田孝之の東京都北区赤羽』4時間35分バージョン」が上映された。

松江監督は、山田の人物像について「人たらしの部分がある」と告白。その理由を「これを作っていること自体が、山田孝之に騙されていたんじゃないかと思いました。でもそれでもいいやと思わせる」からだそうで、「『本当はこの人、何なんだろう』という底知れなさみたいな、それが気持ち悪いんじゃなくて気持ちいいので、そこが面白かった」と明かした。

撮影時期については、山田が出演した「『バクマン。』と『新宿スワン』の後」だという。「この撮影の後、頭おかしい状態でジョージアのCM。だからジョージアを見るとすごい変な感じで、まだ赤羽抜けてないんじゃないかみたいな」と語り、観客を喜ばせた。

また、ドキュメンタリーなのか、フェイクドキュメンタリーなのかという問いが多く寄せられる本作。松江監督は、「取材で『どこまでが本当?』と聞かれても、山田君も『2014年の夏の記憶です』としか言わない。本当にそれでしかないんですよ」と断言し、「何が本当で何が嘘かというのは、グレーだから面白い。事実は2014年・夏の記憶で、そこはゆるぎない」と話した。

オウム真理教を題材にしたドキュメンタリー作「『A』」で知られる森監督も、「これだけメディアがたくさん多様化している状況において、嘘と本当を分けることはどれだけ意味のないことか」と同調する。そして、「阿賀に生きる」などの佐藤真監督の言葉を引き合いに、「『嘘が多ければ多いほど、ドキュメンタリーは艶を増す』。それに尽きると思います」と説いていた。

新宿スワン プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 新宿スワン プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥5,195 新宿・歌舞伎町を舞台に男たちの熾烈な争いを描いた和久井健原作の漫画『新宿スワン』が、園子温監督×超豪華キャストで実写映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi