乃木坂46随一の“アニメ好き”松村沙友理 「ここさけ」舞台挨拶で独壇場!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月17日 > 乃木坂46随一の“アニメ好き”松村沙友理 「ここさけ」舞台挨拶で独壇場!?
メニュー

乃木坂46随一の“アニメ好き”松村沙友理 「ここさけ」舞台挨拶で独壇場!?

2015年10月17日 22:30

舞台挨拶に立った「乃木坂46」「心が叫びたがってるんだ。」

舞台挨拶に立った「乃木坂46」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女性アイドルグループ「乃木坂46」が10月17日、東京・台場のシネマメディアージュで長編アニメ「心が叫びたがってるんだ。」の主題歌「今、話したい誰かがいる」(10月28日リリース)発売記念舞台挨拶を行い、メンバーの秋元真夏衛藤美彩齋藤飛鳥高山一実深川麻衣星野みなみ松村沙友理が登壇した。

大ヒットアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)の長井龍雪監督、脚本を手がけた岡田磨里らスタッフが再結集し、手がけたオリジナルの青春群像劇。「あの花」と同じく埼玉県・秩父を舞台に、幼少期のトラウマが原因で言葉を発せなくなったヒロインの高校生が、仲間との交流を通してささやかな成長を遂げる。

グループ髄一の“アニメ好き”で知られる松村は、「あの花同様に繊細な岡田さんの脚本が、私たちの歌とどんな化学反応を見せるか、期待とともにプレッシャーもあった。主題歌は作品の顔ですから。でも、皆さんの期待に添える曲ができました」と感無量。その後も、「あの花」や本作の魅力を語りつくす独壇場で、司会者から「このままでは、松村さん単独のトークショーになりそう」と苦笑いされる場面もあった。

松村以外のメンバーも本作を気に入っているといい、「見終わった後に、きっと誰かに気持ちを伝えたくなるはず」(秋元)、「映画とともに、私たちの新曲が成長できれば」(衛藤)、「もう1回見たいと思える作品で、皆さんにも2度、3度と見てもらえれば」(齋藤)、「ヒロインの周りにいる登場人物の優しさにも感動しました。私も周りに感謝したい」(高山)、「心が温まる作品。見る人によって共感できる部分が変わるはず」(深川)、「絶対泣いちゃうと思うので、ハンカチを用意してください」(星野)とアピールしていた。

映画は9月19日に全国142スクリーンで封切られ、10月16日の時点で累計動員62万924人、累計興収8億4457万6850円を記録している。

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。 Blu-ray BOX...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥23,386 監督:長井龍雪×脚本:岡田麿里×キャラクターデザイン:田中将賀の人気クリエイター陣で贈る、繊細で、優しく、チクッと“痛い”少年少女たちの青春群像劇。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi