山本晋也監督&高平哲郎氏、「東京オリンピック」のエピソード語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月17日 > 山本晋也監督&高平哲郎氏、「東京オリンピック」のエピソード語る
メニュー

山本晋也監督&高平哲郎氏、「東京オリンピック」のエピソード語る

2015年10月17日 15:25

山本晋也監督と高平哲郎氏「東京オリンピック」

山本晋也監督と高平哲郎氏
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 故市川崑さんが総監督を務めた五輪映画「東京オリンピック」(1965)が10月17日、京都で開催中の京都国際映画祭2015で上映され、映画監督の山本晋也、演出家の高平哲郎氏がよしもと祇園花月での舞台挨拶に出席した。

和田夏十白坂依志夫谷川俊太郎、市川監督の共同シナリオを軸に、ニュース、劇映画のキャメラマン164人が撮影にあたり、東京オリンピックが開催される模様を映し出した本作。山本監督はカメラマンとして現場入りしていたそうで、当時の東京の様子や、会場でのエピソードを披露した。

開会式は青天のもと行われたが、山本監督は「前日が雨で、明日は中止だなんて言っていた」と振り返る。そして「そうしたらどーんと青空で、『ああ、始まっちゃったんだ』と思った」と苦笑いを浮かべ、「ハトを8000羽飛ばしていましたね。ハトって、すぐどっかに行かなくて旋回するんだよ。8000羽がふんをするから、選手にかかっちゃって大騒ぎになりましたね」と明かしていた。

ピクトグラムが初めて採用されたオリンピックとしても知られており、山本監督はトイレの男女マークに言及。「子どもの“おしめ”を替えなきゃいけないお母さんが、どっちに入ったらいいかわからないから『めんどくせえや』って、トイレの前でその場で替えていた」といい、「それを撮っているカメラマンがいましたね。どうするのかなと思ったけど、さすがにそれは映画には入っていない」と語っていた。

また、映像美も見どころのひとつ。高校生のころに鑑賞したという高平氏は、「今のテレビだと汗が飛ぶ姿とか見られるけど、当時のテレビはそんなの見られなかった」としたうえで、「それが市川崑監督のこの映画を見たら、汗は飛ぶ、血は飛ぶ。ものすごい迫力でした」と絶賛した。山本監督も、体操で金メダルを獲得したベラ・チャスラフスカ選手のシーンについて「会場の観客が映っちゃうでしょ。市川崑監督は映画人だから『あの選手だけを撮りたい』と言って、真っ暗にして彼女だけにライティングして撮影しています」と解説していた。

東京オリンピック 40周年特別記念 市川崑デレクターズカット版[DVD] 東京オリンピック 40周年特別記念 市川崑デレクターズカット版[DVD] 最安価格: ¥5,012 東京オリンピックの模様を収録した映像作品、当時の日本を始め各国の選手達の様子などに密着している。市川崑監督が自ら編集を行った特別版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi