ルーカスフィルム社長「スター・ウォーズ」新作に女性監督の可能性を模索 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月16日 > ルーカスフィルム社長「スター・ウォーズ」新作に女性監督の可能性を模索
メニュー

ルーカスフィルム社長「スター・ウォーズ」新作に女性監督の可能性を模索

2015年10月16日 11:30

シリーズ初の女性監督が誕生か?「スター・ウォーズ」

シリーズ初の女性監督が誕生か?
(C)2015Lucasfilm Ltd. & TM. All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース]ルーカスフィルムのキャスリーン・ケネディ社長が、「スター・ウォーズ」の新作に女性監督起用の可能性を模索していると、英ガーディアン紙が報じている。

ハリウッドでは現在、男女差別問題が大きく取り沙汰されおり、特に女性監督の少なさが問題視されている。そんななか、ハリウッドで最も影響力を持つ女性のひとりであるケネディ氏は、「『スター・ウォーズ』を監督する女性を見つけることほど重要なことはない」と女性監督の起用に積極的であることを表明した。

スター・ウォーズ フォースの覚醒」のJ・J・エイブラムス監督をはじめ、「スター・ウォーズ エピソード8」のライアン・ジョンソン監督、「スター・ウォーズ エピソード9」のコリン・トレボロウ監督、スピンオフ第1弾「ローグ・ワン:ア・スター・ウォーズ・ストーリー(原題)」のギャレス・エドワーズ監督ら、これまでに起用した監督はすべて男性だ。しかしケネディ氏は、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」の企画開発に関わった8人のうち、6人が女性であったことを告白。「男女のバランスを取ると、ストーリーやセリフ、視点などが変わってくるんです」と映画作りに女性の意見を取り入れる重要性を強調している。

今後、シリーズ初の女性監督が誕生するかに、大きな注目が寄せられる。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi