桃井かおり&椿鬼奴、舞台上で初共演!京都国際映画祭で初監督作が上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月16日 > 桃井かおり&椿鬼奴、舞台上で初共演!京都国際映画祭で初監督作が上映
メニュー

桃井かおり&椿鬼奴、舞台上で初共演!京都国際映画祭で初監督作が上映

2015年10月16日 15:40

桃井かおりと椿鬼奴「無花果の顔」

桃井かおりと椿鬼奴
[拡大画像]

[映画.com ニュース]桃井かおりの映画監督デビュー作「無花果の顔」(2006)が10月16日、京都で開催中の京都国際映画祭2015で上映され、桃井と椿鬼奴がよしもと祇園花月での舞台挨拶に出席した。MCの清水圭が「桃井かおりさんです!」と呼び込んだが、現れたのは鬼奴。「ロサンゼルスから飛び込みで来たから、びっくりしちゃった。ハリウッド作品の『SAYURI』は舞妓の話だから、京都は縁があるの」とモノマネでたたみかけ、場内の笑いをさらった。

その後、桃井も登壇し、ふたりは舞台上での初共演を果たした。鬼奴は「ひっそりと、モノマネ番組で毎回やっていた時期があって、すみません」と恐縮気味だったが、一方の桃井は「あげたのよ、桃井かおりは。使ってください」「(モノマネを見て)『そういう人なんだ、私』と気づくことがありますよ。長くは芸能界にいられないタイプだなと思いました」とあっけらかんと笑っていた。

自身の書き下ろし短編小説をもとに、映画監督に初挑戦した本作。桃井は「テレビでは自分で脚本を書いて自分で撮って、主演ということは多かったんです」といい、「生意気な感じがするから、名前は隠していたんですけどね。『伝説のマダム』とか。結構脚本を書いていました」と振り返った。

また、本作では山田花子が映画初主演を飾っており、桃井はキャスティングの経緯を「最初は若い女優さんを募集したんですけど、みんな“女優さん”みたいなの。『普通の人でいいんですけど』と言っていたら、テレビで花ちゃんが出ていて、『こんなんでいいのよ』と言ったら、本当に交渉してくれて出てくれることになったの」と告白。しかし、演技指導では「何を説明してもわかってもらえなくて……」と難儀したことを明かし、さらに「7キロ痩せてもらう予定だったんですけど、盗み食いしていて、太っていっちゃったんですよ」と暴露し会場を沸かせていた。

これを受け、鬼奴は「花子さんが抜てきされたんで、私もぜひ何かで」と桃井作品への出演をリクエスト。桃井は「鬼奴が私(の役)をやって、私が鬼奴をやるとかね」とノリノリで、「清水ミチコさんと3人でね。それでもう(映画が)作れますよね、『みんな桃井かおり』」と構想を語っていた。

無花果の顔[DVD] 無花果の顔[DVD] 最安価格: ¥4,303 無花果の木が植えられた古い日本家屋に住む、4人家族それぞれの人生をドラマチックに描いた、桃井かおり初監督作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi