ウッディ・アレン監督、次回作は初のデジタル撮影 V・ストラーロが撮影監督 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > ウッディ・アレン監督、次回作は初のデジタル撮影 V・ストラーロが撮影監督
メニュー

ウッディ・アレン監督、次回作は初のデジタル撮影 V・ストラーロが撮影監督

2015年10月15日 11:00

新作は4Kカメラで撮影「地獄の黙示録」

新作は4Kカメラで撮影
写真:AP/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 巨匠ウッディ・アレン監督が、47作目の長編映画となる次回作で、初めてデジタル撮影を採用していることがわかった。

今年5月のカンヌ映画祭に登場したアレン監督は、デジタル撮影への移行を示唆していた。今回使用するのはソニーのCineAlta 4Kカメラ「F65」で、同社の欧州法人が10月7日(現地時間)に公表。マスターデータも高解像度の4Kで作成されるという。

本作の撮影監督を務めるビットリオ・ストラーロは、「地獄の黙示録」「レッズ」「ラストエンペラー」の3作品でアカデミー賞撮影賞に輝いた名匠。ソニーが発表した声明の中でストラーロは、アレン監督からのオファーを快諾したことを明かし、「この映画をデジタルで記録するようにウッディを説得したんです。そうすれば、私たちはともにデジタルの世界で旅を始められますから」とコメントしている。

同機は、ウィル&ジェイデン・スミス親子が主演した「アフター・アース」で初めて映画撮影に使用された。米ハリウッド・レポーター誌によれば、「オブリビオン」や「トゥモローランド」の撮影監督クラウディオ・ミランダが同機のファンだという。

タイトル未定の本作は、8月から米ニューヨークやロサンゼルスで撮影が行われており、ジェシー・アイゼンバーグブレイク・ライブリースティーブ・カレルらが出演する。2016年に全米公開予定。

地獄の黙示録 劇場公開版/特別完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 地獄の黙示録 劇場公開版/特別完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥2,037 1960年代、戦争下のベトナムで大佐暗殺の特命を受けた大尉が、部下と共に遭遇する狂気と恐怖に満ちた体験を描いた作品。
ラストエンペラー ディレクターズカット〈初回生産限定版〉[DVD] ラストエンペラー ディレクターズカット〈初回生産限定版〉[DVD] 最安価格: ¥3,800 ベルナルド・ベルトルッチ監督が、清朝最後の皇帝溥儀の人生を壮大なスケールで描いた歴史超大作がディレクターズ・カット版で登場!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi