「ザ・ウォーク」特別映像を独占入手!地上411メートルの綱渡りをめぐる人間ドラマに釘付け : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > 「ザ・ウォーク」特別映像を独占入手!地上411メートルの綱渡りをめぐる人間ドラマに釘付け
メニュー

「ザ・ウォーク」特別映像を独占入手!地上411メートルの綱渡りをめぐる人間ドラマに釘付け

2015年10月15日 09:00

ジョセフ・ゴードン=レビット主演作「ザ・ウォーク」「ザ・ウォーク」

ジョセフ・ゴードン=レビット主演作「ザ・ウォーク」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ジョセフ・ゴードン=レビット主演の「ザ・ウォーク」の特別映像を映画.comが独占で入手した。地上411メートルでの命綱なしの綱渡りという前代未聞の挑戦にいたるまでの主人公の思いと、それを支えた人々のドラマがひも解かれる。

1974年8月7日、当時世界一の高さを誇った米ニューヨーク・ワールドトレードセンターのツインタワーの間を1本のワイヤーロープでつなぎ、空中闊歩(かっぽ)に挑んだフランス人フィリップ・プティの実話を3Dで映画化。ロバート・ゼメキス監督がメガホンをとり、プティ本人から指導を受けたゴードン=レビットとともに常識を超えた挑戦をスクリーンに描き出す。


画像2

[拡大画像]

このほど公開された特別映像は、プティ(ゴードン=レビット)が恋人にツインタワーは自分の夢だと語るロマンチックな場面からスタート。その強烈な個性と無謀な夢にひきつけられた恋人や仲間たちとともに着々と準備を進める様子を通し、プティの情熱や、立ちはだかる課題や不安、あくまでも命綱なしにこだわるアーティストとしての信念や美学が垣間見える。そして眼下にニューヨークの街並みが広がるなか、プティは運命の瞬間を迎える。

本作は、10月22日に開幕する第28回東京国際映画祭のオープニング作品に選出されており、ゼメキス監督が来日を予定している。全国公開は2016年1月23日から。IMAX 3Dでも上映される。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi