キスマイ玉森裕太の殺し文句「好きやで」に客席は興奮のるつぼ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > キスマイ玉森裕太の殺し文句「好きやで」に客席は興奮のるつぼ
メニュー

キスマイ玉森裕太の殺し文句「好きやで」に客席は興奮のるつぼ

2015年10月15日 20:20

玉森裕太の“生関西弁”に西内まりやもご満悦「レインツリーの国」

玉森裕太の“生関西弁”に西内まりやもご満悦
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アイドルグループ「Kis-My-Ft2」の玉森裕太主演で、人気作家・有川浩氏のロングセラー小説を映画化する「レインツリーの国」の完成披露上映会が10月15日、東京・TOHOシネマズ新宿で行われ、玉森をはじめ、ヒロインの西内まりや、共演の森カンナ麻生祐未大杉漣三宅喜重監督、有川氏が出席した。

本作で映画初主演を果たした玉森は、「初主演ということで緊張や不安もたくさんありましたが、監督はじめキャストの皆さん、スタッフの皆さんとコミュニケーションをとるなかで、みんなで作品をつくっているなと感じられた。心に残る作品になりました」と喜びを語った。さらにその完成度については「僕も本作を見て、キュンキュンしました」と自画自賛。司会から「自分で自分にキュンとしたんですか?」と指摘されると、「もちろん自分で見るのは照れくさかったけど……はい」とはにかみながら明かした。

一方、本作がスクリーンデビューとなった西内は、「本作を通じて、大切なことを感じました。まっすぐに人を愛すること、そして言葉の大切さ」と緊張の面持ちで話していたが、途中で「本当に多くのことを考えさせられれ…られ…ダメなんです、こういうの!」と緊張のあまり噛みまくり、赤面していた。

本作で関西弁にも初挑戦した玉森は、「一言でも間違えるとやり直しました。台本には『ここの発音は強く』とかメモして、英語の勉強みたいでした」と苦労を告白。これに対し、関西出身の三宅監督は「関西人なので、エセ関西弁を聞くと『キー!』となっちゃうので、そこにはこだわりました」と説明。そんな玉森の苦労のかいあってか、関西在住歴25年の有川氏は「すごく自然で、リアルな関西弁だった。見事でした」と称賛。さらに西内も「すごくナチュラルだったので、最初、普段から関西弁を話す方だと思っていました(笑)」と絶賛していた。

関西出身者の“お墨付き”をもらった玉森が「嬉しさをうまく表現できません」とニヤけていると、西内が「標準語だと伸さん(玉森の役・向坂伸行の愛称)がいなくて寂しいなあって思っちゃう。また伸さんに会いたいなあ」とリクエスト。客席に対しても「皆さんも伸さんに会いたいですよね?」と呼びかけると、場内は拍手喝さい。戸惑い気味の玉森だったが、客席を見つめ「好きやで」とささやくと、客席は興奮のるつぼと化した。

映画は、人気作家・有川浩氏の「図書館内乱」に登場する架空の小説を、有川氏自身が実際に書籍化したラブストーリー。映画「レインツリーの国」は、11月21日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi