京都国際映画祭2015「牧野省三賞」は野上照代氏、「三船敏郎賞」は仲代達矢が受賞 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > 京都国際映画祭2015「牧野省三賞」は野上照代氏、「三船敏郎賞」は仲代達矢が受賞
メニュー

京都国際映画祭2015「牧野省三賞」は野上照代氏、「三船敏郎賞」は仲代達矢が受賞

2015年10月15日 18:25

三船敏郎賞を受賞した仲代達矢「母べえ」

三船敏郎賞を受賞した仲代達矢
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 吉本興業グループが企画推進する京都国際映画祭2015が10月15日、京都・祇園甲部歌舞練場で開幕し、オープニングセレモニー内で「牧野省三賞」「三船敏郎賞」の授賞式が行われた。

日本映画の父である故牧野省三監督の名を冠した「牧野省三賞」は、日本映画の発展に寄与した映画人に贈られる。今年は「羅生門」以来、故黒澤明監督作品でスクリプターを務めた野上照代氏が受賞。同賞選考委員の中島貞夫監督は「今年は文句なく、野上さんに差し上げたい気持ちでした」と満場一致だったことを明かし、「映画人の在り方を語り続けてくれています。我々にとっても大変貴重な語り部で、尊敬すべき先輩でございます」と講評を述べた。

野上氏の自伝的小説を映画化した「母べえ」に主演した吉永小百合からビデオメッセージも届き、「これからも私たちのあこがれのミューズとして、日本映画に対して温かいまなざしを頂けると、大変うれしいです。そしていつまでもお元気でご活躍されることを、切に願っております」とコメントを寄せた。さらに、牧野監督の孫である津川雅彦がプレゼンターとして登場し、野上氏にトロフィーを授与。これを受けた野上氏は「ちょっと褒めすぎで、いただきすぎでございます」といい、「88年間ずっと幸運に恵まれてここまで来まして、これが最後の幸運じゃなかろうか。ほかにいいところがあるわけじゃないので、運がいいとこういうことがあります」と謙そんしていた。

また、国際的な影響力を持つ俳優に贈られる「三船敏郎賞」は、戦後日本を代表する名優で、現在も第一線で活躍し続ける仲代達矢が受賞した。感無量の面持ちの仲代は「この世界に18歳の時に入りました。もうそろそろ83歳ですから、60数年間、この世界にご厄介になっています」と語り、「俳優になる前から、強烈な三船敏郎ファンでございました。黒澤明さんと三船さんのコンビで作った『醉いどれ天使』(1948)を見て以来、それを12回続けて見ました」と告白。そして「たまたま俳優になり、三船さんと共演させていただいた。これも私の、俳優としての勲章です」としみじみと振り返り、「三船さんの名が付いたこの賞を頂いたことは、たいへん感慨深い。私も83歳なのでそろそろだとは思いますが、この賞を頂いたことをきっかけに、頑張りたいと思います」と力強く宣言した。

前身の京都映画祭から伝統と志を引き継ぎ、昨年初開催された京都国際映画祭。第2回を迎える今年も「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画のみならずアートやパフォーマンス、工芸など京都ならではの新たな文化を創造する。10月18日まで、よしもと祇園花月、祇園甲部歌舞練場、大江能楽堂ほかで開催。

あの頃映画 松竹DVDコレクション 母べえ[DVD] あの頃映画 松竹DVDコレクション 母べえ[DVD] 最安価格: ¥1,990 野上照代原作「母べえ」を映画化!1940年の東京を舞台に、治安維持法で検挙されてしまった父を想い不安を募らせるも、周囲の人々の温かさに支えられながら懸命に生きる母の姿を描いた、山田洋次監督作品。
羅生門 デジタル完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 羅生門 デジタル完全版[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,926 映画史上に燦然と輝く日本映画の至宝、黒澤明の代表作「羅生門」がブルーレイ・ディスク化!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi