横山由依、大野拓朗に「出会った瞬間『初恋だ』って思った」と告白され大照れ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月15日 > 横山由依、大野拓朗に「出会った瞬間『初恋だ』って思った」と告白され大照れ
メニュー

横山由依、大野拓朗に「出会った瞬間『初恋だ』って思った」と告白され大照れ

2015年10月15日 15:30

互いに恋心を抱き合う幼なじみの男女を演じた横山由依と大野拓朗「9つの窓」

互いに恋心を抱き合う幼なじみの男女を演じた横山由依と大野拓朗
[拡大画像]

[映画.com ニュース]AKB48グループの総監督である横山由依が主演した短編映画「漁船の光」が10月15日、短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」主催の「シネマミュージアム 秋の特別上映会」(13~18日)で上映され、横山をはじめ、共演の大野拓朗、メガホンをとった廣瀬陽監督が東京・上野の東京都美術館でのトークイベントに出席した。

映画は、「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」とアイドルグループ「AKB48」がコラボレーションする企画「AKB ShortShorts(AKBショートショート)」で製作中の短編オムニバス映画「9つの窓」の1作品。漁師のもとに嫁いだ主人公・詩織が、幼なじみで初恋の相手である洋介に再会し、心が揺れ動く姿を描く。

主演を務めた横山は、「映画初主演であると同時にラブストーリーも初挑戦でしたが、AKBにいる間にラブストーリーができると思いませんでした。恋愛経験があまりないので、できるか心配でしたが頑張りました! 新たな一面が見せられたと思います」とニッコリ。一方、洋介役の大野は、「恋愛経験が少ないとおっしゃっていましたが、だからこそ横山さんはこんなに透明感があるのかな」と語り、「僕が演じた洋介は詩織が初恋の相手なのですが、撮影時間がわずか3時間だったので、そういった感情面をきちんと役作りできるか不安だった。でも、横山さんに初めてご挨拶した時『あ、初恋だ』って思った。そのくらい透明感があったんです」とベタ褒め。横山は、「本当に思いました!?」と照れまくった。

このやり取りを見ていた廣瀬監督も、「横山さんは本当に役にフィットしていたので、安心して役を任せられた」と同調。さらに「本作は人妻が初恋の相手と今の家庭との間で心が揺らぐ話だけど、不倫や浮気ものの映画にはしたくなかった。どれだけピュアに描けるかをひとつの課題にしていたので、透明感あふれる2人には感謝している」と笑顔で語っていた。

女優としての今後の展望を問われた横山は、「AKBはホラー映画に出演しているメンバーが多いので、ホラーもいいですね。あとは、またラブストーリーにも挑戦したいです」と話し、「大野さんまた一緒にどうですか?」とラブコールすると、大野も「光栄です」とノリノリ。さらに横山は、「総監督になったので、2016年は長編映画に出演したい。そして3年後に長編映画の主演に挑戦したい!」と意気込みを語った。

「9つの恋」は2016年1月30日からブリリアショートショートシアターで先行公開後、2月6日から全国順次公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi