井上真央、「花燃ゆ」泣き笑いのクランクアップ「こんなに成長できた作品はない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月14日 > 井上真央、「花燃ゆ」泣き笑いのクランクアップ「こんなに成長できた作品はない」
メニュー

井上真央、「花燃ゆ」泣き笑いのクランクアップ「こんなに成長できた作品はない」

2015年10月14日 22:43

撮影を振り返り涙を見せた井上真央

撮影を振り返り涙を見せた井上真央
[拡大画像]

[映画.com ニュース] NHK大河ドラマ「花燃ゆ」が10月14日、東京・渋谷の同局スタジオでクランクアップを迎え、主演の井上真央らが取材に応じた。この日は井上のほかに、伊勢谷友介東出昌大森永悠希原田泰造檀ふみ、久保田麿希が同席し、集まった共演者らから手渡された大きな花束を抱えた井上は、真摯な面持ちで「この作品に携わった全ての方に感謝申し上げます」と謝意を述べた。

主人公の杉文(後の楫取美和)を演じた井上は、視聴率の低迷がささやかれた事を受け「いろんな厳しい意見も耳にしましたが……」と声を詰まらせ、「主演として自分ができることはなにかと毎日のように考えていた。でも私にできることは誰に何を言われても堂々と立っていることと、現場でバカ言って笑っていることくらい」と涙をこぼした。しかし、「大変なときこそ人の優しさが感じられるなと思いました。こんなに成長できた作品はない」と胸を張り、「他人から評価されるということよりも、悩んで戦って、励ましう中で得た絆や、もらった言葉の方が、はるかに自分にとっての宝物」と満面の笑顔を取り戻した。

文の兄の吉田松陰を演じた伊勢谷は、「大変な現場だったのに、この現場の芯としてずっと立っていらっしゃた。志をうたっていた自分が恥ずかしいくらい心強かった。これからすごく大きい女優さんになっていくと思います」と“女優・井上真央”の今後に期待を寄せた。また、「思いの丈は手紙に書いた」という東出は、「頑張っていらしたのは僕らも見ていて感じました。真央さんが中心にいたから僕らも甘えて精一杯(役の)生涯を全うすることができた。健康に気を付けてゆっくりしてください」と井上を労った。

共演者からの言葉を嬉しそうに聞いていた井上は、約1年2カ月に渡った撮影を終えた感想を「燃え尽きてしまいそう」と苦笑い。この日1番の笑顔で「とりあえず明日からも規則正しい生活をします!」と、次のステップを見据えた。

同作の土屋勝裕チーフプロデューサーは、井上について「毎回驚かされて、感動させられました。(放送)1回目と比べると全然違う。人間と成長してきた感じを自然にお芝居に出している」と語り、「天才女優、すごいなと改めて思いました」と賛辞を送った。

NHK大河ドラマ「花燃ゆ」は、松下村塾の主宰者である吉田松陰の妹・文が繋ぐ人の縁を描く。最終回は12月13日放送予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi