小倉智昭「シルク・ドゥ・ソレイユ」最新作の迫力に驚嘆「今までで一番の最大の演目になりそう」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月14日 > 小倉智昭「シルク・ドゥ・ソレイユ」最新作の迫力に驚嘆「今までで一番の最大の演目になりそう」
メニュー

小倉智昭「シルク・ドゥ・ソレイユ」最新作の迫力に驚嘆「今までで一番の最大の演目になりそう」

2015年10月14日 17:15

制作発表に出席した小倉智昭、 「サンドウィッチマン」、「Happiness」

制作発表に出席した小倉智昭、
「サンドウィッチマン」、「Happiness」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] エンタテインメント集団「シルク・ドゥ・ソレイユ」の日本公演最新作「ダイハツ トーテム」の制作発表が10月14日、東京・台場のフジテレビで行われ、応援団長を務める小倉智昭、スペシャルサポーターを務めるお笑いコンビ「サンドウィッチマン」の伊達みきお富澤たけし、ガールズパフォーマンスグループ「Happiness」が出席した。

本舞台は2010年の初演以来、アメリカ、カナダ、イギリス、オランダ、オーストラリア、ニュージーランドで300万人の観客を魅了してきた人気作。ラスベガスで大ヒット中の「シルク・ドゥ・ソレイユ」の常設舞台「KA」の演出家ロベール・ルパージュが演出を手がけ、人類の進化という壮大なテーマを、プロジェクションマッピングや可動式ステージなどの最新技術を用いて七変化するステージ演出と、アクロバティックな演目で表現する。

「シルク・ドゥ・ソレイユ」の日本公演全12作を見ている小倉は「“人類の進化”という大きなテーマをどうやって表現するのか」と興味津々。ラスベガスで「KA」を見たという小倉は、「常設小屋で行われた『KA』は、スケールがすごかった。舞台を縦横に使い、さらに壁面も使う。ステージ上の砂がなくなったら海が現れたり、とにかく演出がすごくて『この演出家は誰?』と思ったら、彼(ルパージュ)だった」と絶賛し、「その彼が、初めてテントで行うシルクの舞台を演出する。これは、今までのシルクのなかで最大の演目になるんじゃないか!」と興奮の面持ちで語っていた。

この日は、高さ2メートルの一輪車に乗りながら金属製のボウルをジャグリングする「ユニサイクル・ウィズ・ボウル」とローラー・スケートを履いた男女2人が小さな台座の上を高速で回転し“無限の愛”を体現する「ローラー・スケート」が、日本初披露された。小倉が「皆さんかわいい顔をしているのに、すごい!」と驚嘆するなか、富沢が「あのボウルのジャグリングならできそうだから、取り入れたい。来年の仙台公演までに鍛えてなんとか出演したい」(富沢)と笑いをとると、小倉に「『Happiness』のかわいいお嬢さんが来てくれたんだから、君たちいらないだろう」とツッコミを入れられていた。

「ダイハツ トーテム」は、2016年2月から東京、大阪、名古屋、福岡、仙台を巡演する。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi