近藤芳正、主演含め初めて尽くしの「野良犬はダンスを踊る」公開「おじさん頑張っています」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月10日 > 近藤芳正、主演含め初めて尽くしの「野良犬はダンスを踊る」公開「おじさん頑張っています」
メニュー

近藤芳正、主演含め初めて尽くしの「野良犬はダンスを踊る」公開「おじさん頑張っています」

2015年10月10日 23:55

舞台挨拶に立った(左から)鈴木勝吾、加藤慶祐、 近藤芳正、柳英里紗、木下ほうか、窪田将治監督「野良犬はダンスを踊る」

舞台挨拶に立った(左から)鈴木勝吾、加藤慶祐、
近藤芳正、柳英里紗、木下ほうか、窪田将治監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の近藤芳正の初主演映画「野良犬はダンスを踊る」が10月10日、東京・渋谷のユーロスペースでレイトショー公開された。

芸能生活39年目での初主演に加え、ベッドシーン、殺し屋というハードボイルドな役どころと「初めて尽くしで、おじさんが頑張っています。温かい目で見てもらえたら」と照れ笑いの近藤。共演の木下ほうかは事前に酒をあおって少々酔い気味だったが、「近ちゃんが殺し屋をやるという意外性が面白い。怖かったですよ」と持ち上げた。

ベッドシーンの相手役を務めた柳英里紗は、「初めての相手に選ばれました。No.1キャバ嬢の役で、私の身近にはいないので挑戦だったけれど、張り切ってやらせていただきました」と笑顔。近藤の部下を演じた加藤慶祐は「2度、3度と見てもらえたら」とアピールしたが、ここでも木下が「1回でいいですよ」と横ヤリを入れ、会場は笑いに包まれた。

近藤を想定して脚本を当て書きしたという窪田将治監督は、「誰も見たことのない近藤芳正を見せたかった。近藤さんがどう“踊る”かを見てほしい。まあ正解でしたね」と満足げ。近藤も、「本当に監督に感謝。貴重な経験でした。私は主演ですけれど、皆が素晴らしい演技をしているので、それぞれの体温が感じられると思う」と強調し、舞台挨拶を締めくくった。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi