押井守監督、実写「パトレイバー」のさらなる続編に意欲「僕はまだやる気がある」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月10日 > 押井守監督、実写「パトレイバー」のさらなる続編に意欲「僕はまだやる気がある」
メニュー

押井守監督、実写「パトレイバー」のさらなる続編に意欲「僕はまだやる気がある」

2015年10月10日 18:45

まだまだやる気!「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」

まだまだやる気!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アニメ「機動警察パトレイバー」シリーズを実写映画化した「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦 ディレクターズカット」が10月10日、全国19スクリーンで公開初日を迎え、出演の千葉繁押井守監督、辻本貴則2ndユニット監督が東京・新宿ピカデリーでの舞台挨拶に登壇した。

今年5月に公開された「THE NEXT GENERATION パトレイバー 首都決戦」に、押井監督が「気がついたら切られていた」という約27分間の未公開シーンを追加。自身が思い描いた通りのディレクターズカット(DC)版となっただけに、押井監督は「27分ぶんが退屈なのかお得なのか、自分の目で確かめてほしい」と呼びかけ、「不思議なイメージがあったり、役者さんのお芝居がフルに生かされています」と説明した。

さらに押井監督は、「DC版というのは普通、5年後とかにやるものなのに、5カ月後にやるというのは初めて聞いたと言われた。僕も初めてですけど」と語る。続けて「DC版は大体つまらないものですが、これはちょっと違う。後から作ったわけではなく、最初にできたやつだからです」と自信をのぞかせたが、製作時の苦労を思い出したのか「こうしてしゃべっていると、どんどん黒いものが沸き上がってきます」と苦笑を浮かべていた。

昨年から続いた「パトレイバー」実写化プロジェクトも、今作をもってひとまず終了。押井監督は「車載型のレイバーも現役で残っています。(映画を)やろうと思えばすぐできる」とさらなる続編に意欲を見せ、「僕はまだやる気があるんですが、あとはやらせてもらえるかどうか」とジョーク交じりに明かした。そして「特車二課は永遠に待機中。待つのが仕事で、たまに起きる事件に対処する。もしかしたらあるかもしれない映画に、待機しています」といい、「高齢化した特車二課もやってみたいし、まだまだこのシリーズは終わりそうにない。機会があればまた新しいエピソードを作り、ここに立ちたいと思います」と宣言しファンの期待をあおっていた。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi