「マッドマックス」のジョージ・ミラー監督、実写版「AKIRA」を辞退していた : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月8日 > 「マッドマックス」のジョージ・ミラー監督、実写版「AKIRA」を辞退していた
メニュー

「マッドマックス」のジョージ・ミラー監督、実写版「AKIRA」を辞退していた

2015年10月8日 11:15

マッドな「AKIRA」になっていたかも「マッドマックス」

マッドな「AKIRA」になっていたかも
写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「マッドマックス」シリーズのジョージ・ミラー監督が、英Yahoo! Moviesのインタビューで、実写版「AKIRA」の監督オファーを辞退していたことを明かした。

今年、シリーズ第4作「マッドマックス 怒りのデス・ロード」が大ヒットしたミラー監督のもとには現在、さまざまな新作の脚本が舞い込んでいるそうで、そのなかに実写版「AKIRA」の企画も含まれていたという。しかし、ミラー監督は「(スタジオと)話し合いをしたが、私の予定表はいっぱいなんだ。全てをやる時間はないよ」と説明した。

AKIRA」は大友克洋のコミックが原作で、映像化権を獲得した米ワーナー・ブラザースがレオナルド・ディカプリオの製作会社アッピアン・ウェイと、実写映画の製作に向け動いてきた。これまでさまざまな脚本家や監督が関わってきたものの、いまだ実現に至っていない。

以前、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は「AKIRA」の影響を受けているとミラー監督が話したという報道があったが、これについてミラー監督は「実のところ、そんなことは言ってないし、どこから出た話かわからない」と否定。「私はアニメの大ファンで、アニメやマンガにもあるリアルさが好きだ。日本語は読めないけれども、そこにある美学に惹かれる」と認めたが、「マッドマックス」への直接の影響はないと語った。

ちなみに、実写版「AKIRA」は今年9月、クリストファー・ノーラン監督が3部作として製作することに興味を示していると報じられている。ミラー監督は、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の続編となるシリーズ第5作「Mad Max:The Wasteland(原題)」の製作が決定しており、マックス役のトム・ハーディとフュリオサ役のシャーリーズ・セロンがカムバックする。

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] マッドマックス 怒りのデス・ロード ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,447 自由と生き残りを賭けた“MAD”な戦いを描くバイオレンス・アクション大作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi