【全米映画ランキング】リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演のSF大作「オデッセイ」がV : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2015年10月7日 > 【全米映画ランキング】リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演のSF大作「オデッセイ」がV
メニュー

【全米映画ランキング】リドリー・スコット監督&マット・デイモン主演のSF大作「オデッセイ」がV

2015年10月7日 19:00

首位デビューを果たした「オデッセイ」「オデッセイ」

首位デビューを果たした「オデッセイ」
(C)2015 Twentieth Century Fox Film
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月第1週の全米ボックスオフィスは、巨匠リドリー・スコット監督とマット・デイモンが初めてタッグを組んだSF超大作「オデッセイ」が、10月公開作では「ゼロ・グラビティ」(約5580万ドル)に次ぐ歴代2位となる約5500万ドルのオープニング興収で、見事首位デビューを果たした。

同作はアンディ・ウィアーによるベストセラー小説「火星の人」(早川書房刊)を映画化した作品。火星調査中に嵐に見舞われて調査隊からはぐれ、ただ一人「赤い惑星」に取り残されたマーク(デイモン)の壮絶なサバイバルが描かれる。火星版の「ゼロ・グラビティ」「キャスト・アウェイ」といった内容で、批評と興行の両面で好スタートをきった。オープニング興収約5500万ドルは、リドリー・スコット監督にとってもマット・デイモンにとっても歴代2位の成績。スコット監督の歴代オープニング興収1位は「ハンニバル」(2001/約5800万ドル)、デイモンの歴代1位は「ボーン・アルティメイタム」(2007/約6930万ドル)である。

脚色は「クローバーフィールド HAKAISHA」「キャビン」「ワールド・ウォーZ」のドリュー・ゴダード。共演にはジェシカ・チャステインクリステン・ウィグジェフ・ダニエルズマイケル・ペーニャケイト・マーラショーン・ビーンキウェテル・イジョフォーら豪華キャストがずらり。賞レースでも要注目の作品となっており、今後の成績にも期待が持てそうだ。

2位は前週首位だった「モンスター・ホテル」の続編「Hotel Transylvania 2」。2週目も好調を維持し、10日間の累計興収は約9000万ドルに。

拡大公開で3位に入ったのは、ドゥニ・ビルヌーブ監督&エミリー・ブラント主演による批評家絶賛の犯罪スリラー「Sicario」。麻薬戦争を描いた群像ドラマ「トラフィック」(2000/スティーブン・ソダーバーグ監督)でオスカーを受賞したベニチオ・デル・トロは、この映画でも麻薬戦争の最前線で戦う男に扮し、再度オスカーを狙える位置につけている。

今週は、ヒュー・ジャックマンギャレット・ヘドランドルーニー・マーラ共演でピーターパン誕生秘話を映画化したファンタジー超大作「PAN ネバーランド、夢のはじまり」(ジョー・ライト監督)が全国公開されるほか、今週IMAX先行公開で11位に入ったロバート・ゼメキス監督の「ザ・ウォーク」が拡大公開に。また、アカデミー賞監督ダニー・ボイルマイケル・ファスベンダー主演による伝記映画「Steve Jobs」も限定公開になる。

ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] ゼロ・グラビティ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥962 《無限の宇宙》に取り残された宇宙飛行士が、酸素・重力・生存率《ゼロ》の極限状態に立ち向かう、予測不能のSFサスペンス!
モンスター・ホテル ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] モンスター・ホテル ブルーレイ&DVDセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,444 ドラキュラ娘メイヴィスの誕生日に、人気モンスターが大集合!!家族みんなで楽しめる、愛と感動のファミリーエンタテインメント!!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi